このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

行ったり、来たりも、いいんじゃない

2017年02月18日(土)

病院か施設か在宅か。
2者択一ないし3者択一を求めがちだが、行ったり来たりもいいんじゃない。
がんの場合、治療と緩和の併用こそが患者さんの希望を自然治癒力に変える。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

産経新聞の記事。→こちら

本来は療養の場は関係無いはず。
そこに文化の差があれば、医療の神様に反すること。

だから、だから
行ったり、来たりも、いいんじゃないか、と思う。

多くの人は自然ににそう感じている。
硬直化しているのは医療者やMSWのほうだ。

明日は、日本病院協会のおエライ様の先生方にそんな講演をする。→こちら
その後は、神戸の緩和ケア医に緩和ケアの講演をすることに。→こちら

大丈夫、かな???
これを書きながら、明日、どこへ行くべきか確認している情けない男。

きっと、行ったり来たり、なんだろう。

でもいいじゃない。
人生なんて行ったり来たりしてるうちにある日、一人で死ぬんだから。


2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

「人生なんて行ったり来たりしてるうちにある日、一人で死ぬんだから。」
同感。
生まれた直後から、死を背負って生きているんだけど
死は、作為的に招くものではなく向こうからやってくるものだ。
作為的に死を招く行為が、他殺、自殺、安楽死も入るのかな。
こういう視点だと事故死っていうのは、なんか運命論肯定せざるを得ず、みたいなところがあるけど、どうなんだろう。
延命っていうのは、作為的に死ぬ時期を延期する行為で、
尊厳死っていうのは向こうからやってくる死を許容する--これは行為じゃなくて普通の「成り行き」なのだろうと思う。

老人呆けゆえか認知症なる症状ゆえか元々の性格ゆえか、
自分のために地球が存在すると勘違いしている老父は、
「一人で死ぬ」ことを受容できないようだ。
周囲に誰が居ても居なくても、死ぬのは自分自身である。
自分が一人、死んで、周囲が生きている。
ヤツは、それが納得できないのだ。
祖母も、しょっちゅう死を語っていたのだけど、
私はこの数年、老父とのやり場のない会話に疲れています。
・・・あんただけ、一人でずっと生きなよ。
・・・私が先にいなくなるから。

Posted by 匿名 at 2017年02月18日 04:20 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問介護ステージョンゆうゆう

  • 尼崎のケアプランセンター あいあいケアプランセンター

  • 西宮・武庫川・尼崎の訪問看護ステーション・ケアマネジャー 在宅ステーションかがやき

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部