このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

安楽死の相談ばかり・・・

2017年02月21日(火)

尊厳死協会の役員をしたり、本を書いている関係で全国から毎日いろんな
手紙やメールを頂くが、最近は安楽死の相談が目立って増えて困っている。
橋田嘉賀子さんや筒井康隆さんの影響であろうが、ちょっと待って欲しい。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

安楽死を望む手紙を書いてこられるのは、神経難病やがんや膠原病などの方がた。
闘病の辛さが切々と書かれていて、そんな気持ちになる背景は充分に理解できる。

しかし「デイグニタスを紹介してください」と手紙と一緒にお金が入っていると
とんでもなく大きな問題であることを、あらためて実感して、呆然としてしまう。

有名人の発言の影響力は大きい。
アイドルが自殺したら、必ず後追い自殺があったし。

たしかに、生き辛い世の中だろう。
病人や高齢者だけでなく、若者にとってもそうだろう。

「希望」という習字が虚しく見えることもあるだろう。
今夜も深夜まで「死にたい病」の方を往診していてこちらが死にたくなったなあ。


私は、「ちょっと待てね!」と言いたい。

「急いで死ななくてもそのうち間違いなく死ぬから。きっと俺の方が早く」
なんて言ってもまったく聞く耳を持たない人がいるのも事実である。

月刊文藝春秋が安楽死の特集をしたせいもあるだろう。
60人の識者の意見はとても参考になるし、きわめて貴重な資料である。

ここでも安楽死に賛成、という識者が多く、一般市民の調査結果と一致する。
しかし尊厳死と安楽死の区別すら理解できていない有識者も、少なくない。

「ひとりで家で死ぬ(=尊厳死)」と主張している人が「尊厳死に反対」と回答
しているようなレベルだから、まだまだ啓発しないといけないのかな、とも思う。

まあこちらは24時間365日働いているので、そんなことしていたら過労死する。
だから一般書を書いて啓発しているだけで、お金儲けではないし全額寄付している。

「痛くない死に方」と「薬のやめどき」は、どちらも8刷り、5万部を突破した。
安楽死を願うひとは、ひとまずこの2冊の本を読んで欲しい(でも、読まないかな)

焦らなくても、必ず死ぬ。
そのうち、100%死ぬ。

そこまで言われたら、もうちょっとだけ生きようかな、という気にならないか。
少なくとも私も、毎日死ぬことばかりを考えて生きている気が弱い人間である。

しかしもう少しだけ頑張って生きよう、と思い直して家を出る。
人生とはそんなくり返しじゃないのかな。








2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

長尾先生は優しいから、皆さん甘えちゃうのかしらね。
考えて見ますと現代は、世界中がうつ病みたいですね。
ひとに「安楽死させてください」と言うくらいなら、自殺した方が、自主性があるように思えて来ます。
私自身も、経済的な問題や、身体の自由が無くなったら、自殺か安楽死を考えるかもしれません。
でも、お年寄りとか病気を持っている方とか、何か障害に苦しんでいる方には、健康な人間にない、やさしさがあります。できるだけ長生きして、友達になって欲しいです。
かわいがっていた12~3歳の避妊手術をした猫が死んだので、気落ちしてぼおっとしていました。
他の避妊手術したネコが、遠慮がちに「おばちゃん、お腹空いた」と言う顔で覗いているので、また餌をやる事にしました。母が死んで一人ぼっちなんですけど、世間には嫌われている野良猫が、私の友達みたいです。

Posted by 匿名 at 2017年02月21日 02:10 | 返信

先生のご著書はだいたい読んでいる先生のファンです。
しかし、私は頭が良くないのと、感覚で生きているので、
どうしても、どうしても
「安楽死」と「尊厳死」の字面から来る「イメージ」が真逆なんです。

実際の意味は違う、ってことは100も承知なんですが、
それでもなお、
「安楽(死)」→安らかに楽に死ねそう。
「尊厳(死)」→尊いけど修行僧のように厳しそう。死ぬまでが。
って思えちゃうんですよ。漢字の感じが。

これはもうイメージの問題なんじゃないかなあ、ってぼんくらな私は思います。

本当の意味は、こうですか?↓
安楽死=苦痛から安楽にさせるために、人為的に死を早めること。
尊厳死=過剰な延命措置をせず、人間の尊厳を保ちながら自然に命を終えること。

Posted by ゆま at 2017年02月21日 10:15 | 返信

尊敬します。

Posted by たまたま at 2017年03月19日 04:35 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問介護ステージョンゆうゆう

  • 尼崎のケアプランセンター あいあいケアプランセンター

  • 西宮・武庫川・尼崎の訪問看護ステーション・ケアマネジャー 在宅ステーションかがやき

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部