このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

ヤクザと医者

2017年03月01日(水)

京都府立医大がたいへんな騒ぎになっている。
かかりつけの患者さんや真面目に働いている職員は大迷惑だろう。
ヤクザと医者、について思いつくまま書いてみたい。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

32年前に勤務していた病院では、ヤクザさんが沢山入院していた。
大物ヤクザはすべて礼儀正しく、優等生の患者さんであった。

しかし病院内は、ヤクザの派閥で色分けされていた。
たしか5階は、○○会で、6階は○○階という具合だった。

医者になって2年目、当直をしていた私に電話が入った。
すぐ近くでさ超大物親分が撃たれた、という内容だった。

さすがにビビリながら死亡到着や心肺蘇生を待っていたが、
結局私のところに来ずに警察病院で死亡確認されたようだ。

また病院内でヤクザ同志の発砲事件が起きた、こともあった。
詰所内を銃弾が通過したのだからタダごとではないが大阪らしい。

まあ、大阪はそんなところだと、思っていた。
26歳の研修医には、単なる不可抗力である。

当時、ヤクザさんの主治医になったことが何度かあったが、
しかし開業後はゼロだし、昔クリニック内で暴れていたチンピラは出入り禁止にした。

誤解されるといけないが、別にヤクザが好きなわけではない。
ただ、来てしまった患者さんがたまたまヤクザだったというだけ。

医者は医師法で患者を断れない。
ヤクザを断ったら、医師法違反の罪になる。

ヤクザであろうが堅気であろうが区別せずに一患者として接するのが医師の務め。
ただそれだけなので、看護師も淡々と仕事をするし、アホなヤクザには説教する。


さて、今回の京都府立医大病院での事件。

病院長が主治医に「ヤクザの虚偽の診断書」を書くように求めたと報道されている。
もしこれは本当なら大変な事件なので、相当厳しい法的な処分になるのだろう。

またそれを命じたのが学長であったのであれば・・・
ここから先は、書けない。

私はたまたま年末に学長の先生とある研究会の懇親会でご一緒したことがあるだけに
書きにくいのであるが、もしその疑惑が本当であるならば、残念の極みだ。

もしヤクザの親分と何度か料亭で飲食をしていたのであれば、完全にアウト。
公立大学の学長として前代未聞の事件だし、言い訳できる話ではない。

ヤクザと堅気との接点は、医者である。
ヤクザはどうしても付け込んでくるが、接待は受けてはならない。

まとめると
・医者がヤクザを診ることは仕事だし、断ったら医師法違反。
・しかし飲食をしたり特別な便宜を払ったら、もはや犯罪だ。

可哀そうなのは、44歳の主治医である。
医師の倫理と白い虚塔の神器との間に板挟みになり、とても気の毒だ。

相当に悩むだろうが、白い虚塔の言うとおりにしたら「アウト!!」なのだ。
そもそも白い虚塔そのものが、極めてヤクザ的なムラ社会なので複雑な話だ。

いや医療界も実はかなりヤクザ的で、不都合な真実を暴く私も相当な処分を受けている。
しかし患者さんのための医療のためには、大袈裟かもしれないが殺されてもいいと思う。

私は、薬剤師という言葉を聞くたびにドキッとする。
「ヤクザ医師」と聞こえるからだ。

医療界という巨大なヤクザ類似団体と対峙しながら、膿を出していくためには
自分自身も時には「ヤクザ医師」にならないと身を守れない、と思う時がある。

それにしても、京都の事件は相当に根が深そうだ。
逮捕者が出るのだろうが、犯罪であれば当然のことだし、同情の余地は無い。

警察や検察は正義なのだから、しっかり追求してほしい。
ヤクザと学長を仲介していた警察OBも断罪されるべき。

警察と検察がまたしても身内の犯罪のもみ消しをするのであれば
もはや浮かばれないので、ここでしっかり警告しておきたい。















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

長尾先生、殺されちゃダメよ!!!

どの業界も、もともとはヤクザだという説あり。
保険というのもアルカポネが始めたのだとか。
金融業界も限りなくダーク。
オモテヅラはハイソな〇〇銀行、傘下にサラ金。どっちが本業?

Posted by 匿名 at 2017年03月02日 01:31 | 返信

ヤクザと医者の共通点は、かかわると厄介なこと。
ヤクザはいわずもがな。
医者も、かかわると厄介なのだ。質問すると答えず逃げる。「そういうことは大丈夫ですから。はい、次の方、呼んで!」 大丈夫って何が大丈夫なの? まだ終わりまで質問内容話していないんだけど・・・
言う通りにしないとへそを曲げる。どうなっても知りませんよ。が医者の切り札。
肩痛で腕が上がらなかったのは銭湯通いで治したけど、
今度は首がヤバい。もともと首が長いって言われていて、スタンドカラーが似合っていいね、なんて褒められて、でもいつも首が不安定。今は痛みとコキコキ音がする時がある。もうトシだからね。
ネットで整形外科を検索しているけど、医者がどういう人種のヒトなのかまでは検索できない。医者って、かかわらずに済めばかかわりたくない。
今日も風呂でじっくり温めてラクになったが水風呂へ入るとコキっと。
また温めると楽になった。
しばらく毎日風呂通いしよう。医者は最期の手段。

Posted by 匿名 at 2017年03月05日 02:33 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部