このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

そこまで言って委員会 尊厳死版

2017年04月07日(金)

3月26日放映の「そこまで言って委員会」のなかの最後4分の1の
尊厳死に関する部分のみ、YOUTUBEに公開されたので紹介する。→こちら
関西では大人気だが、たかじんさんの遺言を守り東京では放映されず。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

恥ずかしながら、放映日からずっと忙しくて観られなかった。
さっきやっと観られたが、感想を簡潔に書いておこう。

・冒頭のVTRは「尊厳死」ではなく「安楽死」。
 収録の時、指摘したら「放映日には直しておきます」だったがが、
 結局、直さずに放映されていて、ビックリ。
 なんじゃこりゃ。
 まあメデイアにとっては、どうでもいいのか。

・それにしても話が下手な自分がイヤになる。凹むなあ。


こんな大切なテーマは、もう少し丁寧に時間をかけてやれないのか。

ああ、もったいない。

ワンモアチャンス!

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

そこまで言って委員会 尊厳死版 ・・・・・・・ を拝見して

本ブログで紹介された “YOUTUBE” で改めて
ゆっくりと番組(概要版)を拝見しました。
確かに細かいところで正確性に欠けるところが
あるのかも知れませんが ・・・・・・、
5年前・7年前のことを思い出すと、今回の
“尊厳死” も、“安楽死” “認知症予防” もTVの
バラエティー番組で取り上げられたり、書籍・
週刊誌に取り上げられるなんてことは考えられ
ないことでした。
以前、まるちゃん〔丸尾さん〕が「長尾ちゃんは、
前々から人前で話すことは上手だったけれど?!
最近講演会の回数が増えて、場数を踏むにしたが
って、すごく話が上手くなった!」・・・・・ って笑
いながら仰っていました。
今回人気のバラエティー番組:「そこまで言って
委員会」で、“尊厳死と安楽死” がテーマとして取
り上げられたことが重要なことと思います。
長尾先生はブログの中で “ワンモアチャンス!”
と言われていますが、今回のことが皮切りとなって
第2・第3 ・・・・・・・、の番組が企画されることと
思います。
なので、今回のことで “凹む” 必要は全然なく、
第2・第3の機会に “きっちりとリベンジ” すれば
良いことと思います。
“長尾先生 ハブ〔HAVE〕 モア・モアチャンス!”
と思います。 楽しみにしています ・・・・・・・・!!

Posted by 小林 文夫 at 2017年04月07日 09:05 | 返信

You-Tubeを見ました。長尾先生は凹む必要なんて全くないと思います。
いつもの長尾先生らしく話しておられたし、落ち着いて話していらっしゃる
様子が安心感を与えていました。
仰るように、冒頭に映ったブリタニーさんの画像に印象が残り、製作者側の
意図が、むしろ安楽死と尊厳死を混同させることを図っているのではないか、
とも考えられます。長尾先生が抱く、忸怩たる思い・ジレンマは、その部分
「安楽死と尊厳死を、一緒くたにしてはいけません!」と強く言えなかった点
を後悔していらっしゃるのではないでしょうか。
それにしても、あー勘違い な発言を必要とする時には、紙面でも画面でも
竹田さんが出てきますね。何よりも、司会者・辛坊さんが喧しかったし、
テーマについてを、あまり勉強してこなかった軽さが出てました。
マリさんが進行した方が相応しかったかも知れません。

Posted by もも at 2017年04月08日 10:09 | 返信

当日は会議予定があったので、ビデオでゆっっくり拝見。

長尾先生の考え方が正確に伝わったかどうかは別として、「尊厳死」「安楽死」の言葉が人気番組で放映されたこと自体を評価いたします。

TVの番組~多くの知名度の高い論客?がそれぞれ「言いたいことを自由に言わせること」をもって視聴率を取ろうとする以上は、長尾先生の主張をまとまった形で伝えることは難しいでしょう。

幾つかの主張を提起、整理するためには、3,4人によるパネルディスカッションの形で、パネリストがシッカリ持論を主張したうえで議論が進むようにしなければ…。

そうした企画の「露払い」としての役割は十分だったと思います。以上

Posted by 小澤 和夫 at 2017年04月08日 10:11 | 返信

こんなことを申し上げるのもなんですけど、小林麻耶さんが妹の麻央さん(海老蔵さんの妻)の事を心配して心身ともにダウンしてテレビに出られなかったのですけど「さんま御殿」に出たらどうですかとのお誘いがあったらしい。すると若手お笑い芸人が「止めといた方が良いですよ。僕もさんま御殿に参加してこんな事やあんなことを言って笑わせようと思っていたら、黒澤年男さんが、突然全く違う話題をしゃべりだして、どうしていいのか分からなくて黙ってしまったら、さんまさんに何で喋らへんねん!と言う怖い顔をされた。トーク番組は、ほんとのことでもうそでも言ったもん勝ちの凄い世界やから出ない方がいいよ」と言われたそうです。テレビってそういう怖い面があるから、あんまり真面目に考えないでもいいと思います。またそのうちもっといい番組に出る事がありますよ。

Posted by 匿名 at 2017年04月08日 08:04 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部