このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

肺炎治療をしないというリビングウイル

2017年04月22日(土)

高齢者の誤嚥性肺炎は治療しても再発しやすい。
だから肺炎治療を拒否する患者さんもおられる。
そんな趣旨のリビングウイルもあるという。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

4月16日の読売新聞にそれに関する記事があった。→こちら

もちろん治療中止と緩和ケアはセットである。

要は、そんな時代になったということだ。

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

肺炎治療をしないというリビングウイル ・・・・・・ を読んで

4月16日付けの 読売新聞の記事に、“患者の
意思の尊重” 「成人肺炎の指針は、安らかな最期
を迎えるための医療のあり方を医療関係者や市民
が考え直すきっかけになる」・・・・・ と言う言葉が
紹介されていて、やっと大多数の市民の想いが
高齢期の医療を担う医療界の人にも理解される
時代が来たことを知り、大変嬉しく思っています。

医療から緩和ケアに移行するにあたり、単独の医師
の判断〔独断〕とならないように、終末期ケアに
通じるスタッフが手続きを確認する。との安全措置
も考えられていて、誤認や暴走を防ぐ仕組みもある
ようで安心感が増しますが ・・・・・・・、緩和ケアへの
移行を発案するのが、医師の専権事項のような書き
っぷりが気になります。

一週間に一二度、10分程度しか患者を診ていない
医師よりも、四六時中接している付添人や介助・介護
スタッフ、看護師さんの方がより正確な判断が出来
るのではないか? と思います。
医療から緩和ケアに移行するカンファレンスの発動
は、医師だけでなく、看護師さんや家族さんからの
発案でも実施出来るような仕組みとなると、実効が
上がるような気がします。

いづれにせよ、“平穏死” “自然死” の実現に向けて
潮目が変わって来たことを実感できる、朗報〔良い
新聞記事〕と感じました。

Posted by 小林 文夫 at 2017年04月22日 01:15 | 返信

私の父も、87歳と10ヶ月でMRSAで死にました。
何かの原因から肺炎を起こし、在宅医がスキー旅行に行ったことから、救急病院似入院しろと言われて、嫌がる父を無理に救急病院似入院させたら、10日後にMRSAと言われました。
2週間ほど苦しんで死にました。
癌の場合は緩和医療と言うとモルヒネ等痛みを取るお薬だと思いますが、肺炎の場合の緩和医療となると、睡眠薬くらいになるのでしょうか?
父の場合、途中でなぜかグーグー寝てばかりの時があったので、わざと睡眠薬を投与したのかとおもいましたけど、途中で中止して、何故か死ぬときは、はっきり意識がある状態で苦しんで死にました。
今思い出してもゾッとします。毎日父の位牌に謝っています。
母は、父の二の舞をするまいと肺炎球菌ワクチンを必死になって注射してもらいました。
病院にも、検査にだけ行って、長期入院は避けました。
母は大動脈解離で、誰もいない時に死にましたが、「孤独死」と言われても病院で死ななかったのがせめてもの慰めでした。毎日位牌には謝っています。
一生懸命介護しても、厚労省や社会福祉協議会、介護支援専門員協会は「介護離職はいけません。安倍首相の三本の矢に入っていません!」と冷たく言います。介護支援専門員が家族介護をすると、介護保険の欠点が見えすぎて、医療機関や厚生省の悪口ばかり言うからでしょうか?
介護支援専門員として他人さまの親御さんのお世話をする自信がありません。
そう言えば、介護支援専門員協会の講演会に来る厚労省のお役人は東京大学卒のひとばかりですけど、医学部卒では無く、法学部卒の方ばかりです。厚労省と言うと医学部卒のお医者さんかと思いますけど、法学部卒とか工学部卒の方だけですね。臨床工学とか言うのだそうです。
道理で長尾先生が「介護保険はおかしい、おかしい!」と仰っている原因かもしれません。

Posted by 匿名 at 2017年04月22日 08:13 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部