このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

「答えは自分の中にある」

2017年05月16日(火)

「答えは自分の中にある」という今日発売の本を頂いたので拝読した。
著者はマキプ→さんこと見浪さんという女性。
帯には「拘束は嫌だ、家に帰りたい」とある。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

祖父の介護記録であるが、
従来のこの手の本とは違っていた。

「本人の望みを叶えることが、こんなに難しいなんて・・・・」


かなりの延命治療を受けておられる。
そしてそのまま家に帰ってこられる。

とても正直な本。
リアルな描写だ。

美談でないところがいい。
とても読みやすい本だ。

これが率直な感想。

ついつい美談ばかり並べてしまうが、患者から見たら現実はこうなんだろう。
反省させられた。

本書ははじめて祖父母の介護をすることになりそうな子供や孫世代にお勧めだ。
この本でしっかり予習をしておくと、本番で慌てなくても済むだろう。



2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

小中学生からのヤングケアラーが増えているという。
非正規雇用やフルタイムパートで父母共に働いても生活はカツカツ。
祖父母がすんなり要介護認定を受けて他人であるヘルパーさんの介護を了承すればいいんだけど、頑強に家族介護を要求する老人も多い。それ以前に、健康保険税・介護保険税を払ってない階層が増えているのです。中小零細企業は厚生年金に入りたいなんて要求する人を雇わない。日本経済は確実に二極化が進んでいます。

老親に逆らえない世代は、自分の子供に自分の親の介護をさせる。これは、介護労働に他ならない。
孫世代ヤングケアラーたちはまともに勉学も就職もできずに老人に人生をからめとられる。
これが、日本の美しい家族の在り方なのかな?

Posted by 匿名 at 2017年05月16日 02:12 | 返信

早速、購入しました
読んでみます

Posted by 訪問看護師 宮ちゃん at 2017年05月17日 09:57 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部