このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

今、日本で何が起きているのか?

2017年05月18日(木)

今、日本で何が起きているのか?
日本はどこに向かおうとしているのか?
政治に疎い私でも、分かることがある。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

安倍総理は完全に独裁体制に入っている。
与党には表だって彼に異を唱える政治家は一人もいない。

1)森友幼稚園疑惑
2)加計学園獣医学部疑惑
3)国際医療福祉大学疑惑→こちら

これらは誰がどう見ても、「口利き」で「忖度」そのものだろう。
しかし政管が一体となった言い訳だけで乗り越えようとしている。

それに加えて

4)憲法改正
5)共謀罪成立
を数の力で強行採決数しようとしている。時間の問題か。

議会制民主主義という言葉はあれど、あまり機能していない。
一般の国民の関心もそう高くは無いように感じる。

私は、
・透明性
・公平性
の観点から、官邸の強引なやり方に強い危機感を感じる。

なぜなら
1)2)3)は、何十、何百億円という税金が投入されているからだ。
政治権力により、税金の横流し、つまり犯罪が白昼堂々とされている。

真面目な国民からしっかり搾取された税金は誰がどう考えても公平に扱われるべきだ。
でもあまり文句をい言う人が居ないように感じるし、これは嵐の前のの静けさなのか。

嵐とは
4)や5)のことである。

一般国民のメールやラインも監視され、反体制分子と認定されれば逮捕される世がすぐそこに。
歴史は繰り返すというが、本当に繰り返すことになりそうだ。

日本は政治と司法は完全に一体化していて、癒着、慣れ合いそのものである。
1)2)3)などは、本来は司法が介入調査すべき事案だろうが機能しない。

私の周囲でも今日も
・尼崎の警察署と
・尼崎の検察庁は完全に癒着して、身内の犯罪をもみ消す犯罪行為に時間を費やしている。

司法や公安は、本来は一般市民の味方であるべきだが、司法や公安が市民を攻撃する。
なんでそんな腐った国や地方自治体に税金を払わなければならないのか理解できない。

アメリカはどうだろうか。

今日、トランプ大統領がアメリカ司法に追求されている。
ホワイトハウスが機能しているかどうかは別にして、政治と司法は今も独立している。

アメリカの司法の毅然とした態度を見ると日本の司法の堕落がとても情けなく見える。
日本は、政治そのものも、政治と司法の独立性もどちらも機能を失っている様に思う。

戦後70年の日本は今、大きな岐路に立っている。

皇族の結婚や東京五輪などの目でたいイベントが救いではあるが、
問題の本質から目をそらしていると、どんどん悪い方向に進む。

「景気が回復した」とリーダーは胸を張るが、尼崎の庶民はどうだろうか。
いわゆる下流老人や本物の生活保護の人が、その日の生活にあえいでいる。

私はクリニックの院長なので医療にかかれるお金を持っている人は知っているが、
私が知ることもできない生活困窮者や弱者たちがその何倍もいて、埋もれている。

景気は良くなっている、という発表に賛同できない人のほうが多いのではないか。
大本営発表と現実との乖離に違和感を覚えるが、みんなゆでカエルになっている。

本気で文句を言わないのは
・無知か
・無力感、のどちどちらかか。

たしかに「次善の策」が見えにくい。
だから現状に追従するしかないのか。

頭のなかが「不安」だらけなのは、認知症の人だけではない。
若者こそが敏感に不安を察知して、年甲斐もなく防衛本能を発揮している。

とりとめもないことを書いた。

たまには、こんな愚痴も吐く。

明日は栃木県佐野市で緩和医療の講演、そして旧友との懇親会だ。
検察の犯罪に凹む夜だが、カラ元気を出してもう少し頑張んなきゃ。












2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

歴史は繰り返される…

人間っていう生き物は
良くも悪くも変わってしまうのか…

昨日の自分と今日の自分…
あまり大差はないと思っているが
時を経ていくと 少しづつ変化してるってことでしょうか

今日より明日へ…
覚悟を決めて 国民のために 頑張って欲しいですし
私は患者さま、利用者さまのために がんばります

Posted by 訪問看護師、宮ちゃん at 2017年05月18日 06:26 | 返信

反体制分子と認定されれば逮捕される世がすぐそこに 待ち構えている。
その前哨戦として、「扱いにくい国民狩り」が始まっている。
そのハンターは、言わずもがな「医者」。
現体制についていけない老若男女を「医療化してクスリ漬けの廃人とする作戦」。

高齢者の人生を尊重するなんて面倒くさいから一律に「あなたは認知症ですからクスリを飲みなさい。(一日も早く寝た切り嚥下困難になって死にましょう!!)」

企業方針についていけない社員は「メンタルに問題あり」で産業医から精神科受診勧奨。勧奨と言っても現実には強制なのだ。クスリ飲ませて鈍感な社畜に仕立て上げる。

学校の教育方針生活指導についていけない学童児童は「発達障害」の烙印。放っておくと統合失調症になりますよ、早いうちに児童精神科を受診してネ。受診しておクスリ飲まないならば学校に来ないでネ。みんなが迷惑するから。

パートの仕事に幼稚園の送迎に家事一切、旦那と親のご機嫌取りでクタクタ。何もやりたくない・・・オマエはウツだよ。医者に行ってクスリもらって飲め・・・

つまりすなわち、自己主張しないで文句を言わず現状に満足して感謝して、毎日元気で明るく過ごしましょう。すべては首領様がお決めになること、黙ってニコニコ従うのみ。
・・・これは、現在進行形の日本の現実です。この現実に、医療が、クスリが、たいへんに大きな役割を果たしている。今後も、医療が、クスリが、国民をコントロールする手段として使われていきます。暗黒の歴史の陰の支配者は、「医者」です。

良心ある医師の皆さま、どうか、お考えになってください。


Posted by 匿名 at 2017年05月18日 04:55 | 返信

今日も遠い所までおつかれさまでした。

Posted by 匿名 at 2017年05月19日 12:30 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部