このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

糖尿病とサルコペニア・骨粗しょう症

2017年07月14日(金)

昨夜は、大阪市大の稲葉雅章教授による「糖尿病とサルコペニア・骨粗しょう症」
に関する講演を拝聴してとても勉強になると共に今後やるべきことが見えてきた。
糖尿病重症化予防にはサルコペニア・骨粗しょう症対策という視点を持つことだ。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

糖尿病であること自体が、サルコペニア(筋肉量減少)と
骨粗しょう症であると考えるべきである。

従来、脳や心臓の血管合併症ばかりが注目されてきたが
もう少し視野を広げて考えていかないと視野狭窄になる。

糖尿病患者さんには、早期からそれらへの対策が必要だ。

具体的には
ビスフォスフォネートとVD。
高タンパクで低リンの食事。

転倒防止には潜在性低血糖の回避が」最優先。

そのためには
・HbA1cは7%以下は危険
・SU剤やインスリンは避けて、できればDPP4製剤へ
・BOTも場合によっては危険


流行りのロカボ食はやりすぎるとサルコペニアになる。
だからレジスタンス運動(筋トレ)との並行が大切だ。

ビスフォスフォネートとVDもやり過ぎは害になる。

ビスフォスフォネートは3~5年を限度に、
VDは、Ca濃度やVD濃度をモニタリングしながら。

稲葉先生と初めて話したが、今後のこの領域のトップリーダーになる人だと感じた。
糖尿病は全身病として臓器相関の中で考えていかないと単なる血糖値屋さんになる。

このテーマは壮大で難解なので、稲葉先生には今後も教えてもたいたいと思った。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

私なりに言うなら、
「US剤とインスリンのやめどき」が糖尿病学の大きなテーマである。

どこか「抗がん剤のやめどき」と似ているなあ。

午前2時、この原稿を書いている今、
ある末期がん患者さんから電話がかかってきた。

「先生、眠前に低血糖が怖くてアンパンを食べたら、今血糖が300もある!」と。

パニックになっていた。

その患者さんは末期がんで余命いくばくもないのに、病院の糖尿病専門医からは、
「1日4回血糖の自己測定と2種類のインスリンの4回打ち」を指示されている。

インスリンは死ぬまで打つように言われた、とのこと。
あああ・・・・まあよくある話だが。

その先生は血糖値しか見ていない。
生活や睡眠や精神状態や生きがいより血糖値正常化が優先と考えているのだ。

独居の末期がんにインスリン4回打ち、
独居の末期がんにと特定検診の再三の呼びだし・・・

もし医療費のことを本気で考えるのであれば、こうした過剰医療に介入すべき。
無駄を省くことで患者さんの尊厳は上がり、おまけに医療費は減るのだが・・・


「健康のためには死んでもいい」ではないが
「血糖のためには死んでもいい」になっていて、本末転倒である。

そうした医師を少し擁護するならば、間違った医学生涯教育が問題だと思う。
「全人的医療としての糖尿病医療」を本気で考えない大学や医学会にこそ問題の本質がある。


医療界の無作為で患者が不幸になってはいけない。

偶然ではあるが、在宅患者さんからの悲痛な叫びに対応しながらそんなことを思った。

「全人的糖尿病学」や「インスリンのやめどき」について糖尿病専門医に講演してきた。
3年前熊本市の陣内病院という専門病院に呼んで頂いたことは、町医者として光栄であった。

明日は、豊岡市で久々に糖尿病の学術講演をすることになっている。→こちら
歌わないで真面目に90分間講演する。

こうした想いを在宅看取り率が日本一の豊岡市の医療職にお伝えできれば幸いだ。
















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部