このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

母親の延命治療を巡り兄弟間の争い、最高裁へ

2017年08月25日(金)

母親の延命治療を巡り兄弟間の争いが、最高裁に。→こちら
よくあることだが司法の最終判断には興味がある。
キーワードは、「キーパーソン」。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

長男が母親の平穏死を希望し、自然に旅立ったのだが
その2年後にその経緯を知った妹が病院を訴えている。

訴えられている病院は最高裁まで呼び出されることに。
私も同様な経験があり、双方の弁護士に対応する事も。

正直、こんなことが続けば医療崩壊が加速する。
誠実に対応した勤務医も、やってられないだろう。


だからこそリビングウイルを書いてもらったうえで
ACPを重ねるべき。

厚労省も医学会も日本医師会も市民団体も、これは一致している。

ここから話は少し変わる。


しかしなんと、国はリビングウイルを書くことを否定している、のだ!!

正確には内閣府なので、安倍総理だ。

信じられないことだが、本当の話だ。

詳細を知りたい人は、9月1日(金)からはじまる
「リビングウイル裁判」を傍聴されたい。

9月1日(金)11時~ 東京地裁522号法廷だ。

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

記事を読みました。
BLOGOSの投稿欄も読みました。
妹の訴訟相手は病院ではなく兄ではないのか、という意見がいくつもありました。
私も、そう思います。
けど、それ以前に、こういうややこしいことにならないために、
点滴や経管栄養や酸素マスクを使用する際に、
どういう事態になったらどうしたいのか、について病院側が選択肢を文書化して、
本人に意思表示能力があれば本人が決めてその署名押印を、
本人が意思表示能力無ければ直系尊属全員の話し合い後に署名押印を求めるべきだと思います。

こうなってくると病院もたいへんですね。
入院の際に、患者の戸籍謄本取り寄せて親や兄弟姉妹や子供が何人か確認して全員の合意のもとに(キーパーソンを選出して)医療行為を為す、必要が出てきて、場合によってはいつまでたっても何もできないことになる。

このケースがリヴィングウィルの必要性を認識させるきっかけになれば良いなと思います。

Posted by 匿名 at 2017年08月26日 02:18 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部