このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

午前3時の不眠の電話

2017年09月04日(月)

私の携帯電話番号を知っている人は、おそらく何千人もいるだろう。
在宅患者・スタッフや施設スタッフからひっきりなしに電話が鳴る。
看取りの話であればまだしも、午前3時の不眠の電話は本当に辛い。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

やっとのことでの午前3時の寝入りばな。
そこで鳴る電話に起こされるのは、辛い。

泊まりのヘルパーから。

「長尾先生、患者さんが眠前の睡眠薬を飲まずに寝てしまったのですが
 今、起こして飲まさなくてもいいですか?」

「ええ?寝ているのでしょう。じゃあもう飲まさなくていいですよ」

「本当に飲まさなくても大丈夫ですかですか?」

「もう寝ているのだから問題無いですよ。そのまま様子見てくださいよ」

「でも目を開きませんが?」

「ええ!?息はしていますか?」

「息はちゃんとしていますが、呼びかけても目を開かないのです」

「それは寝ているってことじゃないのですか?」

「そうですか。ちょっと不安になったので電話しました」

「何が不安ですか?」

「それがよく分からないのですが、ちょっと気になって」

「では切りますよ!」

「ちょっと待って、もうひとつ。先生、○○さんの家で私と会ったの覚えてる?
 あの人は亡くなったんですか?どうしているか気になっているのですが」

「それは今の患者さんとは関係の無い話でしょう。
 なんの話かサパリ分かりません。あなたのことも思い出せませんが」
 それに医師法や個人情報保護法があるので、もし知っていても教えられませんが」

「それくらい教えてくれてもいいじゃん」

「そんなことでこんな時間に電話したんですか???」


タバコの吸いすぎでガラガラの声。
もしかしたら酔っぱらっているのか?

実は深夜のヘルパーからの電話はこんな内容が多い。

「先生、36.8度の微熱がありますが・・・」(それがどうした)
「先生、sPO2が72ですが」(行ってみると脈拍数の間違いだった)
「先生、息が苦しいですが」(主語はヘルパーさんだった)

こんな電話があると、腹が立って目が冴えて、なかなか寝つけない。
そしてまた午前5時起床の人から『おはようございます」とまた電話が鳴る・・・

「医者なので朝5時ならもう起きているだろう」と思っているようだ。
本当はやっと今から眠るところなのに、向こうはやけにテンションが高い。

そしてやけに親切だ。

「先生、無理したらあかんで。休む時はしっかり休まんと倒れるで!
医者の不養生いうてな」と気を使ってくれるのだが、返す言葉が見つからない。



国は24時間365日「はい、長尾です」と受け答えすることを求めている。
勤務医の過重労働が報道されているが、その数倍の過重労働を課されている。


テレビや新聞では在宅看取りが美談で取り沙汰されている。
今日もNHK福岡の人から看取りについての電話があった。

メデイアは美談ばかりを放映して、陰の部分は決して報道しない。
命を縮めながらやるのが在宅医療。

しかしこんな現実は絶対に報道しない。
厚労省も臭いものは絶対に見ないで、美しい話だけで押し通す。


いつも「ああ、こんなことやっていたら死ぬな」と感じる。
こんなヘルパーに真面目に付き合っていたら、その人に殺されてしまう。

介護の人の中にはこんな人もいるので24時間対応を嫌がる医師が多い。
在宅医療が国が思うほど広がらないのは、これがメインじゃないのか。

だから、なんとしても介護の底上げをしたい!
それはやがては、自分の身を守ることにもなる。

そんな気持ちで立ち上げた『国立かいご学院」は2年目。
9月26日(火)に、第二期生の第3回講座を開く。

テーマは、『認知症の病型別にユマニチュードを実践する』→こちら
こんな話しをするのははじめてだが、毎日やっている事だ。








2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

先生、お疲れ様です。

「だから、なんとしても介護の底上げをしたい! それはやがては、自分の身を守ることにもなる」
これはもう、「介護職の質の向上は、医師の負担軽減になる」ですね。


「認知症の病型別にユマニチュードを実践する」 いいですね。
時間も気持ちのゆとりさえ無くても、私はいつもやってます。
時には、「えこひいき」に見えてもです。

もはや「介護施設崩壊」の危機的状況にある現在、認知症の病型に重症度も加味して「トリアージ」さながらにユマニチュードしています。
つまり、極めて限られた時間、救える人は救い、もうどうしようもない人にはそれなりに・・・。

これがまた、結構な罪悪感でストレスになりますが仕方ないです。


「告白します。僕は多くの認知症患者を見殺しにしています」です。

Posted by YOSHIKI at 2017年09月05日 01:05 | 返信

うめだよ。
ももおねえさんは簡単には電話番号おしえないんだって。
魔性の犬だからなんだって。

うめにはよくわかんないんだけどね。

もうすぐ、おじいちゃんとまゆみちゃんが
温泉つかりに来るからたのしみw

Posted by うめ at 2017年09月05日 05:33 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部