このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

飛行機が着陸できない・・・(泣)

2017年09月29日(金)

昨日はさんざんな一日だった。さすがに、泣きました。
伊丹空港9:45発新潟空港行きが、新潟空港に着陸できずに伊丹に引き返した。
おかげで、せかっくの阿賀野市での講演がキャンセルになってしまったのだ(泣)。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

伊丹空港は曇っていたが、穏やかだった。
しかし新潟空港周辺は突風が吹いていた。(これが失敗のはじまり)

新潟上空を45分間ほど旋回しながら着陸チャンスを待ったが
なかなか風が収まらずに、規定どおりに伊丹空港に引き返した。

新潟空港の雲の上は快晴なのに、横風が基準値を超えているとのアナウンス。
新潟空港では時々あることらしいが9月でしかも台風でも無いのには珍しい。

結局、3時間近く飛行機に乗って、また振り出しに戻った・・・・

さすがにこれはショック。
頭の中が真っ白になった。

人生ではじめての飛行機トラブルにハマった。(これまで運が良すぎたのか)

・予定されていた講演が1つ、いや2つともキャンセル??
・いつ行けるの?どうやったら行けるの?今夜も明日もまだ講演あるし・・。

パニックになった。
人生初めての出来事にかなり戸惑ったが、どうすればいいのか分からない。

伊丹空港で降りたあとのANAの対応も散々で、まさに踏んだり蹴ったり。
1時間近く待たされた揚句ネットではJALに空席があるのに「満席!」と。

仕方がないのでANAを払い戻して、JAL便を新規購入するしかなかった。
あまりにも不親切なANAの対応にさらに意気消沈しどうすればいいか呆然。


3時間遅れで飛ぶJAL便に乗り換えて15時に新潟、16時に阿賀野に到着。
家を出てから既に8時間が経過していて、ハワイに行けるくらいの時間が経過。

ちょうど市民公開講演会が終了する時刻だ。


一生懸命に準備してくれていた阿賀野市の職員の皆様や市長さんにひたすら平謝り。
でも考えてみれば私が悪いわけではなく突風のせいで、不可抗力なのだが、辛い。

昼は市民向けの講演会で
夜はプロ向けの講演会が企画されていたが、 夜の部には間にあい、少し落ち着く。


その悔しさの分、18:30からの多職種への講演には特に力が入った。
精魂込めて「看取りと多職種連携」について語り、素敵な時間になった。

医師会長も歯科医師会長も発言されて、
懇親会も大盛況で少し気を撮り直した。

阿賀野市は、白鳥の飛来と温泉で有名な人口4万3千人の町。
尼崎の10分の1だが多職種はとにかく熱心でレベルが高い。

医師はたったの18人で、密度は尼崎市の3分の1。
医師の価値が高いので、少し羨ましい気もした。


阿賀野のみなさま、本当にゴメンなさい。

またいつかリベンジさせてください。


【教訓】
もし航空会社から1時間前に「引き返すかもメール」が届いたら、
引き返す確率は50%なので、確実を期すなら新幹線に変更したほうがいい。

私のように最悪の場合には1時間でつくところを、数時間以上もかかってしまう。
特に大阪ー新潟は新幹線だと4時間半なので、最初から新幹線に切り替えるべき。

飛行機は予定距離の3倍の燃料しか積んでいないので数十分間の旋回しかできない。
それを過ぎて滞空すると、今度は伊丹に戻れなくなる、ということも初めて知った。


新潟便は伊丹か羽田に引き返すのだが、この時は羽田も豪雨で混雑して伊丹になったとのこと。
引き返しはじめて10分後に風は弱まったので、再び新潟に向かえばよさそうだがそれは無い。

あと10分だけ我慢すれば良かっただけなのに・・・
あるいは、せめて羽田に降りてくれれば「一歩前進」できたのに。

遊びならイザ知らず、講演会の場合は、
確実な新幹線に変更すべきだったなあ。


前夜の天気予報で、少しはイヤな予感がしていたが当たってしまった。

もし2つ、3つの講演が続く場合は、前夜から前乗りすべきだった。
仕事を終えてから新幹線で東京に出て、一泊すれば良かったと後悔。


まさに踏んだりけ蹴ったりの1日であったが、いい経験をした。



IMG_1508.jpg
阿賀野に着いたらこんな夕焼け。
意地悪をした天候が、恨めしい。

IMG_1529.jpg
阿賀野市で一番立派な会場を用意して頂き、多職種で一杯になった。

IMG_1531.jpg懇親会では話がはずみすぎて、料理を食べる時間があまり無かった。
阿賀野市の多職種は真面目で熱心。超アツイひとたちと意気投合した。

IMG_1520.jpg
懇親会後、「長生館」というとっても由緒ある、
そして人気のある温泉旅館に仲間たちと投宿した。

IMG_1518.jpg
宿の入り口には、こんなラジウム鉱石が飾ってあった。
ラジウム温泉につかりながら、今日はいったいなんだったのかしみじみ考えた。

きっと「もう一度、阿賀野に来なさい」という指示だったのか、と思い直せた。

結局、午前3時まで美男・美女たちと青春を語った。

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

人生いろいろありますね
今日の日のような事もありますよ 
ダイジョウブです

私なんかこの所、ずっとフリーズしていて
多分、もうすぐ石になります(笑)
元気を出して気をとりなおして
また頑張ってくださいね

ドンマイ、ドンマイ!

Posted by 匿名 at 2017年10月01日 08:39 | 返信

天気の影響で、さんざんな思いをした様子は、講演中、微塵にも見せずさすがのプロ意識を感じました。
阿賀野の地域性や人となりなど、少しでも繋がっていけたら幸いです。
これからの地域包括ケアにおける、地域での「看取り」について、少しでも前向きになれた講演会でした。ありがとうございました。これにこりずに、また何度でも阿賀野に寄っていただきたいです。

Posted by 阿賀野匿名 at 2017年10月02日 12:29 | 返信


長尾先生、阿賀野市での「看取りと多職種連携に関する貴重な講演」、ありがとうございました。
講演時前列で質問させていただいた、株式会社はあとふるあたご水原 本間健一でございます。

遠隔や在宅サービスでの看取り、日本の中でも地域の意識差があり、死という概念、今後の見通し等・・・また医師法の観点や現実的な世の状況、大変勉強になり、刺激になりました。
自分達それぞれの現在の職種や立ち位置を改めて見直し、家族も含めた多職種との連携を事前にしっかりとシュミレーションすることの大切さを振りかえれました。また、地域に住む一住民としても、ご指導いただいた講演を心にし、日々向き合っていきたいと思います。

あいにくの天候不順で昼間は残念でしたが、夕方から夜に講演懇親会で触れ合った私たちとしては、次回、市民講座を開催して頂く際、「すごく良い」ので是非参加しませんか!と地域の方々に実感を持って声をかけられます。これは大きなことだと思います。私の会社から参加した職員8名全員、生の声で「参加できてよかった」と言っています。

是非、阿賀野市リベンジ!お願いします。また懇親会でも交流を図りたいです。
お忙しいとは思いますが、よろしくお願い致します。

Posted by 本間 健一 at 2017年10月04日 11:12 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部