このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

「コウノメソッド流 認知症診療スピードマスター」

2017年10月03日(火)

来る日も来る日も、多剤投与や抗認知症薬の過剰投与による副作用に悩む人が来られる。
今日、はじめて訪問した人も病院から10数種類の薬を投与され、動けなくなっていた。
また抗認知症薬の過剰投与もあとをたたないがこの国の医療はどうなっているのだろう。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

まともな医師であれば「抗認知症薬の増量規定」なるものを「怪しい!」と思うはず。
しかし専門家と称される人が、いまだに増量規定を強いている現状には呆れるばかり。

NHKも大手新聞もみんな広告主や権威に気にして、誰も本当のことを伝えない。
こんな尼崎の町医者にまで全国から抗認知症薬で悩む人が来ること自体、異常だ。


実は僕も、実は3~4年前まで半分騙されていたので、偉そうなことは言えない。
目をしっかり開かせてくれたのは、河野和彦先生だった。

「今頃、気がついたが、恥ずかしくて誰にも相談できない」という医師向けの本が出た。
素直にこの本を読んで欲しい。


「コウノメソッド流 認知症診療スピードマスター」(日本医事新報社)

不肖、僕がこの本の書評を書かさせて頂いた。→こちら

一人でも多くの医師が、洗脳から目覚めて欲しいな。
そして一人でも多くの患者さんを薬害から守りたい。

医学会にとって「不都合な真実」を告発し続けているので、当然のことながら
さまざまな攻撃や制裁を受けているがなんとか生きてこのブログを書いている。









2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

先日のTV番組で特集されていましたが、カルビー(株)社長が
前職でのマイナス経験(失敗談)を踏まえて語りながらも、
「正しいことは正しくあるべき」と御自身のポリシーを述べて
おられたのが印象に残っています。
「不都合な真実」を必要とする社会は歪みを産んでしまう、と
誰もが素直に、そう思えさえすれば、どうということもなく、
自然に円満に過ごすことが出来る住みよい社会である筈、と
思いました。
コウノメソッド流真実が浸透することを願っています。

Posted by もも at 2017年10月04日 09:42 | 返信

>医学会にとって「不都合な真実」を告発し続けているので、
>当然のことながら、様々な攻撃や制裁を受けているが、なんとか..
この行りに触発されました。
「正しいことは正しくあれ」と理想論かも知れませんが、けれど
いつの時代も時間が経過し、歴史が物語る時代がやってきた時には
残るのは「真実」にほかならないと思うのです。
「人を攻撃する人」というのは、性分なのか人間性なのかは知りませんが、
そういった類の人は、いつの時代にも、どの場面にも必ず存在している
もので、大事な場面にこそ、ここぞとばかり槍を振り上げる、そんな
陳腐な人間は、やがて淘汰されるのでしょう。日本のおとぎ話が物語って
います。

Posted by もも at 2017年10月05日 10:32 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部