このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

韓国 尊厳死法が施行され相談者が行列

2017年10月26日(木)

韓国は尊厳死法が咋年に、国会において法制化された。
一昨日から施行されたが相談所に行列ができたという。
台湾は2000年、韓国は2016年だが、日本は永久に無理?

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

以下の2本のニュースを読んで欲しい。

尊厳死、韓国できょうから選択可能に(ライブドアニュース) →こちら


患者の意思で延命を中止できる「尊厳死」 韓国で施行され相談者らの行列も →こちら




世界の先進国のなかで、本人の意思(リビングイル)が有効で無いのは日本だけだ。

こんな単純な事実さえ、多くの医療者や国民は知らないまま議論をしている国だ。

橋田寿賀子さんが、「安楽死」を主張しているが、
その前に「尊厳死」が認められていない国なのだ。

これは法律の問題で、国会議員さんの仕事である。
しかしこの問題に本気で取り組むぎ議員はいない。

この問題を持ちだすだけで障害者団体からクレームが来るからだ。
だから国会ににおいてはこの問題は3年間位全く議論されていない。

マスコミはこうした現実を報じないまま安楽死を煽ってばかり。
私は、尊厳死が認められたならば、安楽死は不要であると思う。


与党でも野党でも誰でもいい。
こうした票にならないけど、国民の声に応える議員さんが一人でもいてくれたらなあ。

台湾は一人の看護師が
韓国は一人の家族が国会を動かして変わった。

一方、日本においては
・日本医師会
・日本弁護士会
・日本宗教連盟
・障害者団体、すべてが尊厳死に反対している。

さらに、総理は「意思表示をすること」にも反対している。
これはリビングウイル裁判としてやがて詳しく報じられる。

いずれにせよ同じ儒教圏である日本は
台湾や韓国に学ぶべきだと思うのだが。








2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

>一方、日本においては
・日本医師会
・日本弁護士会
・日本宗教連盟
・障害者団体、すべてが尊厳死に反対している。

そういう現実だったとは知りませんでした。法制化までの道は遠いですね。

Posted by CASIO at 2017年10月26日 06:40 | 返信

世界の先進国の中で「リビングウイル」の無いのは日本だけという事にりつ然とします。
「日本人」って特殊なんですね。日本は「隠れアルカイーダだ」と言う説もあります。
要するに古過ぎるのです。オバマ大統領が、天皇陛下に対して、腰を屈めて第一礼法の握手をしたのは、国際礼法の載っとって正しいのだそうです。米国民は怪訝な気持ちだったそうですけど、天皇陛下は世界の王様の中でも一番古い家柄なんだそうです。それが日本の癌なんでしょうね。
韓国も「尊厳死」を認めたとは羨ましい。韓国は「お友達に利益誘導した大統領」は今、弾劾裁判のために拘置所くらしです。日本は「森そば、加計そば」の総理が選挙しても総理なんですから、野蛮な国です。
でも「介護保険」が始まったら、始まったで、いろいろな利益集団がでてきたように、「尊厳死」法が成立したらしたで、尊厳死するつもりのない患者が、むりやり殺される事になりはしないか心配です。
日本と言う国はいつまで経っても大人になれない国です。

Posted by にゃんにゃん at 2017年10月28日 06:47 | 返信

今日、駅近くで、ユニセフの募金をしているお兄さんに聞いたら、ユニセフや国連UHNR(高等弁務官難民救済)センターに、世界中で一番多くの人達が、一番沢山寄付しているのは日本人なのだそうです。
政治は3流でも、国民は一流と言えるのかなあ。良かった。
災害も多いし、広島、長崎の原爆や東京、大阪、神戸の空襲で、ひどい目に会った経験が、世界中の困った人達に寄付をさせるのかしら。不景気なのに、よくやるよね。

Posted by にゃんにゃん at 2017年10月30日 05:07 | 返信

すみません。今日また駅前でユニセフの募金をしていたので、「こんにちわ」と挨拶したら、別のお兄さんでした。そこで「ユニセフや国連UNHCRの募金してる金額も、人数も日本が一番なんですね?」と聞いたら、今日のお兄さんは「やはり金額はアメリカが一番です。日本は、こうやって駅前で毎月払いの募金をしている人数が多いというので、(日本方式を見習おう)と言われているだけです。」ということでした。
確かに、駅前でユニセフや国連UNHCRの勧誘は熱心過ぎるくらいですからね。
と言うことで、金額はアメリカが一番おおいそうです。
聞き間違えたのか、どうも済みませんでした。

Posted by にゃんにゃん at 2017年11月01日 10:00 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部