このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

激動の中の大局観

2017年11月07日(火)

トランプ大統領の来日で日本中は大騒ぎ。
そして座間で起きた残虐な事件に驚いた。
アメリカでは銃乱射事件が続いているが・・・
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

世界は日々、もの凄い勢いで、ダイナミックに動いている。

異常気象、アメリカのパリ協定離脱、欧州のEU離脱騒動、
そして北朝鮮のミサイルや核開発など、大きな動きが続く。

国内では衆議院選挙、野党の迷走、与党の続投、トランプさん来日、
そして松山選手も加わってのゴルフ、そして拉致家族との面会など。

アメリカの大統領と天皇陛下の握手も感慨深い。
すべてが「世界平和」の方向に向かって欲しい。

座間で犠牲になった少女たちの生い立ちは日本社会の闇のよう。
華々しい世界もあれば、その反対の世界もあることで世はある。

私のようなネクラな人間には、少女たちの気持ちが分かる気がする。
「自殺」という言葉に反応してしまうのは16歳も60歳も同じだ。

そんな中での、ニッポン人のフツウの生活。
北朝鮮問題を忘れたかのようなハロウイン。

まさに激動の中で、粛々と、日々地味な仕事に勤しんでいる。
医療は、目の前の人を幸せにするためだけに存在する技術だ。

一方、世界動向や国内情勢を見ながら動かないといけない。
木を診て森も診る複眼的思考回路を活用すべき時代だろう。

今、起きていることを大局観をもって見ることが大切だろう。
これだけ激動の時代であるからこそ、大局観が重要であろう。

生かされていること感謝しながら与えられたミッションを果たす。
誰もが持っている両親やご先祖、そして家族や仲間たちにも感謝!

「不安」な高齢者が確実に増えている。
それは、認知症の始まりかもしれない。

町医者は、そんな人たちの身近な相談相手なので、遣り甲斐がある。

人間の尊厳とは
・食べること
・移動できること
・トイレに通えること

不安を軽減して、笑顔を増やすことが町医者の仕事。
そして誰にもか必ず訪れる死に寄り添うことも責務。


PS)

あっという間の11月。。
無我夢中で目の前のことしか見ていない。

広く大きな視野で世間を眺めたい。
今年あと2ケ月、しっかり生きる。

2つのクリック、よろしく。
1万クリックを見てみたい。























2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

トランプ大統領が「日本人は、武士だろう?何故、北朝鮮に意趣返しを、してやらないのだ!貿易不均衡でアメリカの赤字を解消する為に戦争機材をもっと買え!」と、安倍首相を恫喝した。
北朝鮮のミサイルは「挑発」であるから、挑発に乗ると負けることは明白です。
挑発に向こう側に、巧妙な罠が、しかけてある。
それを「日本人は武士のハズなのに、弱虫だなあ」とあおるトランプは、アジア人同士闘わせて、儲けたい武器商人だからです。
北朝鮮、韓国、日本の人々が死に物狂いで戦うことで、漁夫の利を得ようという魂胆が見え見え。
倫理も品格もない、卑しい商売人トランプは、戦争に従軍したことも無い。
アジア歴訪は、まだまだ長い。

Posted by にゃんにゃん at 2017年11月07日 09:42 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部