このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

「痛い在宅医」と「男の孤独死」2冊同時発売

2017年12月21日(木)

今日、2冊の本が同時発売される。
「痛い在宅医」と「男の孤独死」。
多くの人にまずは、読んで欲しい。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

「痛い在宅医」 →こちら

肺がんの在宅は痛くないはずだが、本当なのか?
こんな医療ノンフィクション、今までなかった!



「男の孤独死」→こちら

とても怖い話、でも現実。
貴方が明日、解剖台に乗る確率は・・・・


咋年末は、ベストセラーになった「痛くない死に方」が出たが、今年はその裏側。
あるいは、先日出た「週刊朝日ムック」が建前だとしたら、これが真実の姿です。


もしよろしければ、年末年始に読んでください。
感想をお待ちしています。

51yVIogffTL._SX338_BO1,204,203,200_[1].jpg51kqVVl5SQL._SX338_BO1,204,203,200_[1].jpg





2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

貴方が明日、解剖台に乗る確率は・・・・んんんんん
死んだあとに自分は存在するのだろうか?

呼吸が止まってもまだ生きている細胞があって、
心電図は動いているが呼吸が止まった後、次第に心電図も止まり、
おそらく細胞も一つ一つ死んでいくのでしょう、たぶん。
そして心電図が止まって24時間後にはすべての細胞が死ぬから
荼毘に付して構いませんよ、
というのが日本の法律なのでしょう、たぶん。

すべての細胞が死んだあと、
自分の仕事を増やしたい人達が寄ってたかって解剖しようとも、
自分はもういないのだから
わからないのではないかしら。

残された家族が、「父が母が兄が弟が、解剖されて切り刻まれるなんて耐えられない」
と感じるだけで、本人は何ともないのではないかしら。
本人の肉体はすべての細胞が死に絶えるわけで
本人の自我や本人である意識がもし残っていたとしても
どこか空気の中に、それこそ風のように存在していて、
「ああ、アホな専門家たちが、自分の仕事を増やしたいからオレの肉体を切り刻んでいる」「情けない奴らだ」・・・と、高いところから警察官や検視官や解剖医のやることを眺めているだけではないかしら。

本人はやりたい放題やって孤独死しても、むしろそのほうが幸せなのではないかしら。
もし、残った家族が、
ウチの父は
やりたい放題やって、やりたくないことはやらないで、頑固アタマのままで、意固地で独りよがりで自分勝手で、そばに居る人に当たり散らすから誰も近寄らない、
だから、孤独死も、しょうがないよ、ネ。
とあきらめることができるら、
本人はむしろそのほうが幸せかもしれない。

医者や看護師やケアマネや介護師の顔色をうかがいながら、
医療介護でメシを食ってる業界人のご機嫌を損ねないように、
「扱いやすい老人」として「無理して」生きていくよりも、
孤独死する方が、はるかに幸せではないかしら。

Posted by 匿名 at 2017年12月21日 03:24 | 返信

「痛い在宅医」は昨日手に入りました。
「男の孤独死」も本屋さんに頼んだはずでしたのに、頼んで無かったらしい。
早速注文して送ってもらいます。

Posted by 匿名 at 2017年12月21日 08:52 | 返信

長尾せんせい 今日アマゾンから痛い在宅が届きました~。
いま読んでいます。私はなにげに文芸部出身で今年も50冊くらい小説読んだと思うのですがこの本がリアリティ?衝撃度?部門は今年度
最高傑作かな~。死ぬことの現実が描いてるのでね。
こういうこと書いたらまたお怒り買うかな~。でもでも出版おめでとうございます。東北でサイン会あったら行きまする。メルマガも、期待してますう。

Posted by アケミン@夜勤です at 2017年12月21日 11:52 | 返信

本屋に注文していたらしく、電話が掛かってきて、早速購入しました。
抱腹絶倒しました。でも読んでいくうちに「アル中のひと、ごみ屋敷に住んで居る人は孤独死する可能性大です」と書いてあって、私の事を言われているみたい。
でも兵庫医科大の西尾先生に「長尾先生は、孤独死して解剖台に乗せられる匂いがしますよ」なんて言われて、西尾先生に魅入られてる感じですね(笑)。

Posted by 匿名 at 2017年12月22日 02:44 | 返信

痛い在宅医 序章 と 第1章 から質問です。

・患者遺族が「なぜ河田医師が来てくれないのか?」
死後の訪問に診療報酬の算定ってあるのですか?
中医協は患者遺族ニーズに応えられていないのでは?
多くの国民は、死後の対応まで含めて医療行為と考えるのでしょうか?

・病院は24時間監視です・・・
24時間管理の皮肉の意味なのでしょうが、
では何故大口病院の事件は解決しないのでしょうか?
24時間監視ですよ・・・

Posted by トクメイ at 2017年12月24日 01:31 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部