このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

ニッポン臨終図鑑 第18~35回

2017年12月31日(日)

スマホをいじっていたらYAHOOニュースに自分が出ていた。
小林麻央さんに関する記事がなぜか今頃、出ていたのだ。→こちら
夕刊フジ金曜日の連載も先週で、はや35回目を迎えた。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

「夕刊フジ、読んでるよ!」と、どこかのオッサンに声をかけられると嬉しい。
この有名な新聞は、普通の女性は読まないだろうから、ここで読んでください。


「DR和のニッポン臨終図鑑」という。

第17回までは、このブログで丁寧に紹介してきた。
第18~35回は途中を簡略化して紹介させて頂く。



第18回 平尾昌晃さん 「不死身の音楽人生」 →こちら

第19回 吉本晴彦さん 「どケチに学ぶ長寿の秘訣」→こちら

第20回 千代の富士さん 「余命覚悟 貫いた美学」→こちら

第21回 羽田孜さん  「働き者に学ぶ老衰の定義」→こちら

第22回 黒木奈々さん 「麻央さんが重ねた最期」→こちら

第23回 阿藤快さん  「孤独死は恐くない!?」→こちら



ええい、いちいち面倒だ。
第24~34回は、このサイトで見てください。→こちら

そして、
第35回 野村沙知代さん 「「手を握って」に別れの予感」→こちら


今年はここまで。
これが半年分だ。

来年も頑張って書きます。
自動的にネットにもアップされるようだ。

こんな連載や、
あんなメルマガ(まぐまぐのこと)、はこの世に無い(ハズ)。










2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

人は、死んだ時に分かる、理解される、というような
意味のことを聞いたことがあります。
そうかもなァと漠然と思います。
生きている時に分かり合えれば良いのだけれど
人には煩悩があるから、張り合う気持ちもあれば
拭いきれない嫌悪感を抱いてしまう。そんな負の関係性が
生きている時には付き物だけれど、死んでしまうと
ふと穏やかに、冷静に相手を思うことができる。
皆、人それぞれに懸命に生きてきた、その足跡には
感慨を持ちます。
死んだら仏様として生きている、とは
そういった意味合いでしょうか。

Posted by もも at 2017年12月31日 01:42 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部