このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

国立(こくりゅう)認知症大学に改名しました

2018年01月24日(水)

国立(こくりゅう)かいご学院は、今年から国立認知症大学に改名した。
国立はあくまで”こくりゅう”であり、こくりつ、では無いので念のため。
今夜も約50人の介護・医療職に「転倒・骨折への対応」講義を行った。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

尼崎とその近郊の施設や在宅のスタッフのための私塾だ。
不肖私が学長を務めて講義をして3月には卒業式もやる。

みなさまの頭と心にどのように響いているかいつも心配。
私なりには、毎回できる限りの力を込めて授業している。

今夜は講義後の懇親会で、介護現場の生の声を聞いた。
次回は、第2回目の終業式と懇親会を行う予定である。

これからもこの私塾で頑張りたい。
来年度もバリバリやrやります。

おそらく、医師もまったく知らない内容ばかり。
その辺の研修会では話せないので来るしか無い。

今年も、来年度も頑張ります。
みなさま、よろしくお願いします。




PS)
今夜は小児在宅の勉強会だった。
当院でも何人かの医療的ケア児を診ているが学ぶ方が多い。

それにしても寒い。
インフルにも注意。







2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

一般に、認知症リテラシーは極めて低いのが実情です。介護職員/スタッフもですが、医師も同様です。皆、同程度にレベルが低いですから、不適切な治療であっても介護職員/スタッフはそれに気付かないですし、治療したつもりの医師が文句を言われることもないです。
 

医療・介護連携が言われて久しいですが、新・オレンジプランの“施策Ⅱ”「認知症の容態に応じた適時・適切な医療・介護等の提供」など絵に描いた餅です。期待された機能を十分に果たしていないです。
おそらく、特養はその役割から、病院・老健、有料老人ホームなどで、悪化した認知症医療・介護の「最終処分場」です(言葉が悪いですが)。「迷惑のたらいまわし」あるいは、「不幸のたらいまわし」が横行しています。
 

このことは、ショートステイ利用や新規入所者の容態を見て、(役に立たない)情報提供書を見れば分かります。
「よくこんな状態になるまでほったらかしできるよね。ケアマネの顔が見てみたい!」、「これが治療か・・・ 医者の顔が見てみたい!」と憤ることがあります。
 

国立(こくりゅう)認知症大学で学ぶ方々は、(少数派ながら)志の高い人たちでしょう。「継続は力なり」がんばってください。
近くだったら、わたしも行きたい~!

Posted by YOSHIKI at 2018年01月25日 10:19 | 返信

やはり、「認知症」は「作られた病気」だと思う。
病気ではないのに病気だとして「治らないけど進行を遅らせるお薬を飲みましょう」と服薬を勧奨する医師に逆らうことできず、あるいは医師を盲信して言われたとおりに薬を飲み続け、薬の副作用でどんどん「認知症といわれる状態」に陥っていく。

「認知症だから」と理由づけられてきた高齢者の言動が、徐々にですが、違った方向から分析されるようになってきています。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180129-OYT1T50113.html?from=y10
「易怒性」は、まるで認知症BPSDの象徴のように言われていますが、認知症だから怒りっぽいのではなく聴力の減退で聞き取れない、それを理解できない話者(医者)が、「認知症です」と誤診するのです。
声のトーンや音量によって聞きやすさが異なるようです。

Posted by 匿名 at 2018年01月30日 01:35 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部