このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

梅沢富美男さんの「顔で笑って、心で泣いて」

2018年01月27日(土)

東京の下町の北千住にあるシアター1010(せんじゅ)で、
梅沢富美男さんの新春初公演を観た。彼の舞台鑑賞は4回目。
これまでで最高のステージだったが、お母さんの顔も見えた。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

梅沢さんとは出版を通じての不思議なご縁だ。
会うたびに彼の人としての魅力に魅かれ入る。


しかしそれは御両親の影響であることを知ったのが咋年5月の事。
新歌舞伎座公演の後に語った両親への想いが、1冊の本になった。


「顔で笑って、心で泣いて」という本。


この本を、深夜の往診の後、大衆食堂に持って入った。
ペコペコの空腹なのに飯よりも活字から目が離せない。

特に200ページあたりから、感動が極まってきた。
飯を食いながら、なんと涙が止まらなくなってしまった・・・

はっきり言って、頭がおかしいオッサン。
周りの人が不思議な顔で見ていた。


それにしても、両親の凄まじい生き方。

梅沢さんも凄いが、両親はもっと凄い。

先日、梅沢さんと何度目かの再開をしたが肩に両親の顔が見えた気がした。
凄いDNAを背負って生まれてきた梅沢さんは必死のパッチで生きている。

吉本よりも楽しく歌舞伎より華やかな舞台からはとても想像もできない世界だ。
1月2日以外、元旦から不眠不休で舞台にテレビで働いている姿に私も負ける。

すべては芸のため。

芸は人を癒し幸せにする。

だから何よりも舞台を優先する。

母親は、子供がインフルンザになっても休ませなかった。
「この子は舞台で殺しますから」。なんという役者根性。


人としてどう生きるべきか、この本の中にしっかり詰まっている。
さっそく200冊購入して知人に配っているが、そんな本である。


「顔で笑って、心で泣いて」 →こちら

多くの人に読んで欲しい本だ。

51E4aYRD1bL._SX339_BO1,204,203,200_[1].jpg















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

梅富美の流し目にヤラレましたね。。。

Posted by 匿名 at 2018年01月27日 03:03 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部