このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

映画「恋とボルバキア」

2018年02月05日(月)

映画「恋とボルバキア」を観た。
LGBTのドキュメンタリー映画。→こちら
小野さやか監督の才能を感じた。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


LGBT同志の恋愛を描いたドキュメンタリー映画。
しかも監督が介入する映画は、世界にひとつだけ。

予告編。→こちら

評価は観る人によって、大きく分かれるだろう。

小野さやか監督の第一作は、「アヒルの子」→こちら
やまぎし会に預けられた自分のセルフドキュメンタリー。

鑑賞後の監督のトークショーも良かった。
彼女の感性に共鳴し大きな才能を感じた。


・人を愛するとは
・その距離感とは
・性とは何なのか・・・
観ているうちによく分からなくなった。

男女と女男の恋愛物語。
すべてガチンコの本物。

LGBTもnonLGBTも人を愛することは同じ。
いや、生殖が無い分、より純粋なのかも。

その足で行きつけのスナックに入ったら、目まいがした。
カウンターの中にいる馴染みの女性は本当に女性なのか。

日本人の7%がLGBTだから、
もはやマイノリテイではない。

しかし偏見があるのでカミングアウトしにくい。
社会生活が損なわれるのでビクビクして生きる。

この映画は少なくとも医療者は必見だと思う。
私の外来にもLGBTが、ちょくちょく来られる。




恋とボルバキア







2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、男性同性愛者(ゲイ、Gay)、両性愛者(バイセクシュアル、Bisexual)、トランスジェンダー(Transgender)が「セクマイ」(性的マイノリティー)のこと? だとしたら、異性を愛する人は「性的多数者」と呼ぶのかな?

ただの人間というのは、いないのでしょうか?
ただの人間ではいけませんか?
草食系人間。
セックスに関心がない。
私はLGBTのいずれにも属さないし異性を愛したいとも思わないしセックスしたいと思わない。人間と関わること自体がめんどくさい。人間関係が一番神経使うから。人間関係でいつも疲れているから、一人が一番幸せです。
私みたいな人、本当は多いのではないでしょうか。

Posted by 匿名 at 2018年02月05日 03:47 | 返信

人を差別してはいけないのは、当然です。
でも同性愛って、性的関係があって、それに喜びを感じる生活を送ることだと思います。
ですから、単に同性の方が美しいなあとか、素晴らしい才能だなあと褒めるとこでは無いと思います。
以前にも、申しましたけど、マルセル.プルーストの小説「失われた時を求めて」とか假屋崎省吾さんのフラワーアレンジメントは素晴らしいと思います。
でもプルーストは、「ドレフュス事件」が起きてユダヤ人が差別される以前は、社交界で活躍してかなわぬ恋とは思いながら、若き侯爵夫人や、ジルベルト.スワンとの会話を楽しんでいたのではないかと思います。
私なんか、いくら男性にもてないからと言って、同性と性的関係を持ちたいとは思わないですね。
女性で同性愛者と言う方は、よほどご自分に、自信のあるかたなんじゃないかな。
きれいな女友達ってすぐに自分を「猫」にして、大女で男性に持てない私を「立ち」にするので、鼻につきます。そんな友達いますよ。「私は一を聞いて十を悟る賢い女だから」と言うので驚いたのですけど、よく聞いてみると自分の失敗の原因を、全部他人のせいにしてるんですからね。そんな女友達には辟易します。
私は、やっぱり男好きの女だなあと思います。
男であればだれでもOKです(笑)。

Posted by にゃんにゃん at 2018年02月06日 07:03 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部