このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

イタリアで尊厳死法施行 ある男性の安楽死が契機に

2018年02月06日(火)

イタリアで、尊厳死法が施行された。→こちら
カトリック教徒が80%を占める国。
ある男性の安楽死が、契機になった。


2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


2月2日 読売新聞 →こちら


【ローマ=佐藤友紀】

国民の8割がカトリック教徒のイタリアで1月31日、尊厳死を認める法律が施行された。

 一人の男性の安楽死をきっかけに、「神以外の手で死をもたらす」としてタブー視されてきた行為への容認論が広がり、ローマ法王フランシスコの「鶴の一声」もあって議会が動いた。法律では「医師は延命治療を望まない患者の意思を尊重しなければならず、その際殺人罪などに問われない」となっている。

 法案は1980年代から議論されていたが、議員や支持者にカトリック信者が多く、欧州各国で法制化が広がる中、イタリアでは棚上げされていた。

 世論の変化をもたらしたのは、北部ミラノでDJとして活躍していたファビアーノ・アントニアーニ氏(享年40歳)が2017年2月に安楽死した事件だった。

 アントニアーニ氏は14年6月13日、ミラノ市内を車で運転中に交通事故に遭い、四肢まひの後遺症を負った。全身に痛みが走り、好きな音楽を聴くのも苦痛になり、死を考えた。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@

一方、オーストラリアでは、「安楽死」が容認された。→こちら

@@@@@@@@@@@@@@@@@@


日本における尊厳死の議論は、この4年間、ゼロである。
それどころか、政府はリビングウイルを書くな!、と言っている。

イタリアは、ローマ法王のひと声で決まったようだが、
日本はキリスト教がが反対している。神道も仏教もだが。

障害者団体、弁護士会、日本医師会もみんな反対だ。
国会の議員会館ではいつも「人の命は地球より重い」。

・・・・・

昨夜も今夜も在宅看取りの往診だった。
寒空の中、家族といろいろ話し合った。

私たち在宅医は、しっかり話し合うので法律が無くても尊厳死が可能だ。
病院という場での穏やかな最期を叶えるために、法律が必要な時がある。

今、多くの国民が法律に期待している。
私は真摯な議論を始める時だと思うのだが・・・・



 

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

イタリアで制定された「法」は、記事でみるかぎり、「安楽死法」に近いようだ。

日本では、トップダウンで、尊厳死法を提案してもらいたくない。
アヘは、「自衛隊員は死んで当たり前」キャンペインにいそしんでいる。おかしいだろう!
現職も、家族も、声をあげるべきだ。

相模原事件の直前、テロ犯人から、官邸、自民党本部、衆院議長公邸は、
「障害者処刑リスト、決行場所、決行方法」までしるした計画書を、うけとった。
事前にも事後にも、誰一人、テロ現場に駆けつけなかった。
ないしん、喜んだにちがいない。

「障害者団体」が、尊厳死法立法化に反対しているのは、当然といえば当然である。
優生保護法で、多くの人々が苦しみ、いまだ解放されていない。
強制的にきずつけられた人々を、「時効」で門前払いする司法に、安心しているだろう。

医師には申し訳ないが、焦らないでほしい。
「公益法人」には、ならなくていい。
年数回の「絶水・絶食」トレで、心身を鍛えておきます。

Posted by 鍵山いさお at 2018年02月07日 07:26 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部