このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

余命1ケ月なのにインスリン4回打ちで低血糖

2018年02月09日(金)

余命1ケ月なのに、病院の糖尿病専門医からインスリン4回打ちのまま
自宅に帰ってきて、減量や中止を説明しても納得されないケースがある。
案の定、低血糖を繰り返しため緊急対応するようなケースは無いですか?
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


4つの科からの紹介状を持たされて自宅に帰ってくる患者さん。

・がん専門医は、がん治療に関する紹介状
・循環器専門医は、高血圧や不整脈や心不全に関する紹介状
・整形外科専門医は、関節疾患に関する紹介状
・糖尿病専門医は、血糖管理に関する紹介状、を書くので4つの封筒がある。


でも、余命1ケ月なので、
ご本人はヘロヘロ状態だ。

ご飯も食べられないのに、20種類ものお薬を処方されて、どないすんねん???
インスリンの中止や減量を勧めても「病院の専門医の指示だから」と受け入れない。

それぞれの専門医は誰も、ACPをやっていない。
人生の終わりがすぐそこにあることを知っていても、ギアチェンジしないし、できない。

そして一番大切なはずの緩和ケアはゼロで
自宅に帰ってくるのが。悲しい現実である。

そりゃ、近藤誠先生の本が売れるだろう。
その気持ち、よく分かるよね。

臓器別縦割り医療による犠牲者は、
終末期医療において多く発生する。

私たちはたとえ余命1週間でも、いや1日であっても
帰宅後にしっかりACPをして、在宅平穏死を目指す。

終わり良ければ全て良し、とご家族の
熱い想いを、「昇華」させてあげたい。

ああ、また美談を書いてしまった。
「痛い在宅医」の家族に怒られる。


以下、谷田先生のレビューより転載。

@@@@@@@@@@@@@@@@@


糖尿病に関する報告で、アメリカ退役軍人会で糖尿病患者がホスピスに入所した際に、
1/3以上の患者が低血糖を経験していたとのことです(JAMA Intern Med 2017 Dec 26; [e-pub])。
今は、低血糖を起こさないことが必須とされている中、信じがたい報告です。

ただし、2006年から2015年のデータですので、やむを得ないのかもしれません。
2017年の米国国防省退役軍人局の「2型糖尿病に対する外来及び入院治療の指針」
(Ann Intern Med2017 Oct 24)では、「余命が5年未満と予想される外来患者では
目標HbA1cは8%~9%とする」とあります。
医師が指針を守れば低血糖は生じないでしょう。

@@@@@@@@@@@@@@@@@

とは、
簡単にならない。

抗がん剤、降圧剤、血糖降下剤、抗認知症薬の
”やめどき”を認めない医師や医学会がまだ多い。

まあ、今後数年で空気は変わるだろう。

市民はこのブログで、少しでも考えてほしい。

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

余命一ヶ月でインスリン4回打ちを継続する医師は、正にエビデンスバカとしか言いようが無いですね。エビデンスバカ=藪医者ですね。何のために血糖コントロールするのか、その意味を理解して居ないから、そう言う馬鹿な治療を、行ってしまうんですね。
血糖のコントロールは、長期に渡る血管合併症の抑制と高血糖によるアクシデントを防ぐのが、大きな目的です。前者と後者では、同じインスリン療法でも、薬剤の選択と投与法が大きく違いますよ。それを理解していない馬鹿医者が多すぎですね!

Posted by 小関 洋 at 2018年02月11日 11:49 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部