このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

大江舜氏の「団塊絶壁」

2018年03月13日(火)

大江舜氏の「団塊絶壁」という本が話題になっている。→こちら
帯には「団塊の君たちはどう生きるか」とあるが、私もその塊に近い。
団塊の世代の、特に男性には是非、御一読をお勧めしたい一冊である。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

この本には、私自身も登場する。
114ページや135ページあたりに載っている。→こちら


実は、この本は週刊新潮の大江氏の連載を編集したものだ。
なかなか鋭利な論評にうろたえる男性がいるかもしれない。

週刊新潮と言えば、今日も取材を受けた。
夜の往診の途中の30分程度で来週号だ。

そういえば、一昨日は女性自身さんの取材もあった。
たしかこれは今週号かな。

これらいずれも、男性向けのお話だ。
あるいは、そんな男性のパートナーの女性に向けた話でもある。



今日、これも往診途上で救急医療の現場の特集を観た。
千里ニュータウン近くの千里救命センターの24時間。

死にかけになった「おひとりさま」が続々と救急搬送されては
若い熱心な医療スタッフから手厚い医療と看護を受ける美談だ。


なかには、体温が25度で脈拍も触れないような意識不明な
「おひとりさま」が運びこまれて、九死に一生を得ていた。

素晴らしいことだ。
しかし問題は、それが繰り返されることと、年々増加すること。

誰がどこまで支え切れるのか、
正解は無いが、疑問が残った。

私が単にあまのじゃくなだけか。
大江氏のこの本を読めば、決して杞憂では無いと思うだろう。


PS)
書き換え  → 改ざん
官僚のミズ → 政治家の犯罪、である。

この1年間、森友事件だけでどれだけの無駄を重ねてきたのか。
そのエネルギーや費用のせめて1割でもいいから被災者に直接あげて欲しい。

今日、そう思ったのは私だけではないはず。


まさに嵐の外来と在宅を終えて、一息だ。
2つのクリック、よろしくお願いします。





2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

高齢な方の「九死に一生」な美談な話、
詳細は知りかねますが、不謹慎な話かも
知れませんが、介護や医療の現場に携わって
いると、高齢者が刻々と変化する様、
あと僅かな寿命であるという様子、容姿が
変化していく様を察知する感覚を得ていく
ようです。
急激に、老いを極めた容姿(顔つき)に変化します。
身体的なバイオリズムの乱れが、当然あるとは
思いますが、そういったデータに依存せずとも
間違いなく、もう間もなく、といった死期迫る
容姿に至るタイミングって、あると思うし、
日々接していると、医師であるとか、専門職で
あるとかの区別を抜きにして、その変化が目に見えて
理解できるようになる、それは経験値を得る以外に
ないと思います。
現場では、「もう間もなく」とは、滅多に口には
できないのかも知れません。

Posted by もも at 2018年03月14日 12:15 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部