このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

価値ある情報を発信したい

2018年03月17日(土)

「患者さんに一番近いところにいる者として価値ある情報を発信したい」。
そんな想いで様々な発信をしだして10年が経過したが、かなり遅咲きだ。
MOC(Moment of Choice)というサイトに、でそんな想いが紹介された。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

MOCさんの最新のインタビュー記事。 →こちら

素直な言葉が並んでいで、分かり易い。
町医者や在宅志望の原型がここにある。


最初の開業地である商店街の写真も載っている。
有名なモンセ薬局さんの前でも撮らせて頂いた。



先日の文春オンラインの記事と併せて読んで頂ければ幸いだ。

http://bunshun.jp/articles/-/6536

http://bunshun.jp/articles/-/6540

http://bunshun.jp/articles/-/6541
 

様々な意見が書き込まれていて面白い。
すでに、何万人もの人に読んで頂いた。




2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

文春の三番目
「欧米人は、自分が正常じゃなければ人間じゃない、正常でないなら意識を消してしまってもいいという考え方が強いようですね。でも、日本人には、もともとはっきりした自分がないせいか、死に方も簡単には決められないんです。」

すごく納得。
「欧米人は、自分が正常じゃなければ人間じゃない、正常でないなら意識を消してしまってもいいという考え方が強い」この箇所、う~んと呻ってしまった。
話が飛ぶのですが、
その時点で、欧米人の考える「正常」じゃなければ人間じゃない、発想から、ヒトラーみたいのが出てきたのかも、と思った。
欧米の選民思想はそれぞれものすごく強いものがあるから、ヒトラーのゲルマン民族優越思想が、ユダヤ人を「正常」ではない、人間ではない、と断じて、あのような信じがたいホロコーストを行った。
昔、ネット英会話をやっていた時、イギリス人が「精神がやられたら生きる価値が無い」とはっきり発言していました。
彼らにとっては、中間が無いのだと思う。
100%健全な人もいなければ100%狂っている人もいないと思うのだけど。

Posted by 匿名 at 2018年03月17日 03:01 | 返信

わたしの職業は
「人生の物語に携わるお仕事…」です

…と胸を張って 言える自分になりたいです

長尾先生が がんばってるお姿に 励まされます
わたしは負けないぞ!

Posted by 宮ちゃん at 2018年03月17日 09:46 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部