このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

「記憶にない」

2018年04月11日(水)

国のトップも役人のトップも連日、「記憶にない」を連発している国会。
ウソにウソを重ね、隠ぺいを隠ぺいした揚句、最後の切り札はこの言葉。
国家中枢が全員口を揃えて「記憶にない」という国に私達は生きている。

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

「記憶にない」けども「プロセスには問題がない」と断定する精神構造。
これを精神医学的に詳しく検討すれば、いくつかの診断名がつくはずだ。

「記憶にない」が国会の決まり文句であるが、
こんな国が、世界中どこにあるのだろうか。

1年前の重要な指示が「記憶にない」状態とは
認知機能に大きな障害があることを、意味する。

国会の議場に最近の「記憶がない」人や「記録がない」人が
ウヨウヨして、高額な報酬だけはしっかり受けている不思議。


「記憶はないが問題ない!」と言い切れる状態は理解不能。
認知症の周辺症状(BPSD)とでも呼ぶべき症状なのか。

国ぐるみで、おそらく何千人規模で記憶や記録が無くなったり
ウソにウソを重ねることができること自体、凄いことだと思う。

何百年後の歴史にも刻まれる腐敗状態を、私たちは生きている。
だから目の前の小さな幸せを噛みしめながら刹那的に生きよう。


それにしても「記憶にない」で、どんな犯罪でも許される国はいい国かも。

・盗みをしても「記憶にない」で、お咎めなし。
・人を殺めても「記憶にない」で、お咎めなし。

この2つは、既に国家の中枢で普通に行われている現実だ。

それならば、と
・脱税しても「記憶にない」
・交通違反をしても「記憶にない」
で押し通す市民が出てくるのではないか。

医療分野では、
・カルテの改ざんは厳罰だが「記憶もない」か「記録にない」でOK。
・医療ミスをしても「記憶にない」で通せば、司法が忖度してくれる。
では誰がどう考えてもおかしい。

日本の司法はその人の記憶(=自白)でその人を裁く。
・記憶にあって「やりました」と言えば、罰せられる。
・しかし「記憶にない」や「黙秘」すれば罰せられない。

おかしくないか。

意思や記憶は、その人のものであり、人間の本質部分である。
しかしこれは欧米の思想であり日本人はそもそも自分が無い。


心神喪失なら罪に問われないし
認知症なら仕方がない、とされる。

本当に病気であれば「記憶にない」ですべて免責されるかもしれない。

だから、中央政府や中央官庁全体も病気だから、免責されているのか。


でも、おかしくない???
どう受け止めたらいいのか。

既婚者の不倫がバレたら「記憶にない」と言い張ろう。
結婚していても「婚姻届にサインした記憶がない」と。

一方で、
本当に認知機能が低下していると、「意思決定できない人」
との烙印を押され、医者の勝手な判断を押しつけられる国。

ACPに従うと、認知機能が低下した人の意思決定は、医師が
その人の意向をよく「忖度」して決めましょう、となっている。



「記憶がない」で犯罪が無罪放免される国家など、国家ではない。


いずれ天が裁くのだろう。
いや、早く裁いて欲しい。

大半の市民は大きなウソをつかずに真面目に国に忠誠を誓っている。
しかしこんな状態が続くと、国家という体制自体が大変危うくなる。

つまり政権云々などという問題ではなくまた国際情勢でもなく、
国体そのものが極めて深刻な危機に陥っていると認識すべきだ。

まさに、内部崩壊、
生物学的に喩えるなら「アポトーシス」(プログラムされた自殺)に映る。

「どうでもいいじゃないか」というマスコミもあるがまさに国賊である。
モリカケ問題は決して些細なことではなく、極めて本質的な課題である。

この国家ぐるみのインチキを、このまま見逃してはいけない。
ウソにウソを塗って平気な永田町や霞が関の犯罪者は退場だ。

今後、愛媛県知事のように真実を言う人が出てくるはず。
人間は「良心」というものが備わっている動物だからだ。

解決は簡単。
「ウソを塗り固めました。ごめんなさい。どんな制裁でも受けます」で。

しかしウソにウソを重ねれば重ねるほど、最も簡単なことができなくなる。
しかし今からでも真実をすべて正直に話せば、国民は忖度してくれるかも。

どこか抗ガン剤を死ぬまで打ち続けている医者の言い分に似ている。
これも「ごめんなさい。間違っていた」と謝ればいいのにできない。

簡単な謝罪ができないのが人間。
それが人間の「性」なのか。


集団ヒステリーならぬ集団ウソ、ないし集団偽認知症現象に
呆れるだけでなく、冷静な目で眺め、顛末を予想して欲しい。

すでに莫大な税民と無駄を垂れ流し続けているが、
歴史という長い目で見ると大きな教訓を得るはず。

いや、得ないとこの1年間ずっと騙され続けてきた我々が
あまりにも可哀そう、なんて思うのは私だけなのか。




















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

アベは退却する可能性高いけど
自民党は安泰するしかないだろう と
野党にチカラが無いから ね
小泉親子の本質が見えにくいけど
息子に期待するしか無い感じ

若い子たちは無関心
電車の中でも階段上がってる時も
ずっとスマホでのろのろヨタヨタ
横チラすると外国ドラマかショッピング

アベはある意味、成功した
ゆとり学習世代の若い子たちは
社会科をまともに学習していない
憲法も三権分立も労働法も知らない・関心ない
ただひたすら職無しにならないように指示通りにハタラく
上司の指示が理不尽でも非道でも 指示に従うそうだ

アベはアホな国民を育てることに成功した

Posted by 匿名 at 2018年04月12日 02:00 | 返信

このような信じられない光景が連日テレビに映し出される。
今後のこともたちへの教育に計り知れない影響が(出る)出ていることは必至だ。
この国の事実上のトップが嘘つきでは、この国に明るい未来はないと思う。
しかし、人は生きていかなければいけない。自分を励まし、頑張るしかない。

Posted by K-mira at 2018年04月12日 10:47 | 返信

魚は、頭から腐るといいます。
このまま放置していれば、尻尾の先まで腐ってしまうのではないでしょうか。
愛媛県、今治市から100億円の税金が出された加計学園。
私立の学校にふつうこんなに出るもんでしょうか?愛媛県人はもっと怒るべきでは?


Posted by きゃん at 2018年04月13日 02:18 | 返信

4月15日(日)のBS1の「ブレイブ勇敢なる者、冤罪弁護士完全版、有罪立99.9%に挑む」は見ごたえあるというより身の毛のよだつ思いでした。日本では、一旦検察に「起訴」されると、被告は「自分は無罪100%である」と照明しないと、有罪なんだそうです。
ですから、庶民は、よく冤罪になって控訴して控訴して最高裁まで行って有罪と言われたらもう財産も亡くなって諦めるしかないのですね。「疑わしきは罰せず」は庶民には無いのです。
政治家は「疑わしきは罰せず」で堂々と総理大臣ですけど。
この今村核弁護士は無罪を勝ち取った裁判は14件は、奇跡と言っても良い確率なんだそうです。
現在の日本は、アメリカに負けたからか、それとも戦前の軍部独裁の大政翼賛会体制のままなのか、貧しい庶民が有罪にされて息が詰まりそうです。
最後の気の弱そうな真面目な教師が、リュックサックを背中では無く、お腹の方に持って居た事は禍して女子高生に「痴漢」だと訴えられて、今村核弁護士がバスの車内カメラの映像から右手は携帯電話を使っていたし、左手は吊り輪に摑まっていたと証明したのに「有罪」となった。さらに「左手」の映像を解析して左手は全く痴漢する存在ではない事を証明した見事「無罪」と勝ち取ったことは感激しました。
長尾先生は弁護士と警官は大嫌いと仰っている気持ちも分かりますけど、地道に庶民の立場で刑事事件で無罪を証明することに奔走している弁護士もいるのだなあと思いました。
アメリカの弁護士は「無罪」と勝ち取るとお金も入るし、社会的地位も高くなるけど日本では何の価値も無いので弁護士は刑事事件の無罪判決には働こうとしないそうです。
日本って嫌な国ですね。

Posted by にゃんにゃん at 2018年04月16日 01:56 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部