このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

「認知症的生き方」

2018年05月03日(木)

昨日の記憶はあったほうがいいのか。
いや、敢えて無い方が、幸せなのか。
そして今と未来のみに専念できれば。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

認知症の人は、ついさっきの記憶が無い。
楽しい会話をしても、丸ごと忘れている。

しかし、「今」、は誰よりもよく分かる。
右脳=直感脳は人一倍、敏感になってる。

まさに、「今」を生きる。

それが認知症になることである。
過去が無いので思い悩むことが少ない。

不安はまあ大きいが、「今の幸福感」のほうが上回る。
「今を生きる」ことができることは本当に素晴らしい。


さてそんな認知症の人に「未来」はどう映るのだろうか。
先日、丹野智文氏と話していた時に、ハタと気がついた。

彼は、1年前に私と会って食事したことは全く覚えていなかった。
しかし、来週私と会う約束になっていることは明確に覚えていた。

来週の予定は、詳細に頭に入っていたのだ。
これは私のはちょっとした「発見」だった。


過去は無く、今が全てであるが、
未来のことは、全部覚えている。

これって、素晴らしくない??

辛い過去の記憶、悔しい記憶は失われて
今と、楽しいだろう未来のみがある世界。

年を取れば近い過去のことは忘れがち。
でも明日の約束には胸躍らせる生き方。

それを「認知症的生き方」と勝手に命名した。

落ち込んでうつになるよりもずっと前向きだと思う。
私自身、そんな生き方を目指したなあ、と思う日々。


PS)
GWもずっと仕事だ。
でも、今を生きてる。

それでいじゃない。

TOKIOの皆さんも前を向いて欲しい。
そのほうが被害者の心の傷も癒える。

日本は、まもなく、大認知症時代に入る。
しかし、認知症的に生きることを認める社会ならば、世界一幸せな国かも。









2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

一人暮らしの認知症の利用者さんがデイサービスに週3回通っていたのですが、病気で緊急入院してしまい、手術も受けました。病院で毎日必死にリハビリをしておられるので、退院後は、自宅に戻ってリハビリを続けながら、またデイサービスに戻れると思っていましたが、デイサービスからは、来ても運動もされなく、ボーっとしてるなら意味がないので、入浴だけのデイサービスとか、レクレーションのあるデイサービスに行ってくださいと。運動に熱心で優秀な利用者以外は受け入れたくないんでしょうか。「普通の生活に戻りたい。」その声が届かないんでしょうか。デイサービスやめて自宅でリハビリ続けようか、一緒に買い物に行って、家事ができるように頑張ろうか。デイサービスなんか行かなくていい。先生、わたし、泣きました。

Posted by ふーちゃん at 2018年05月04日 06:44 | 返信

認知症の問題は、記憶うんぬんという目に見えない症状よりも、現実的な日常生活の問題が重要ではないかと思います。
たとえば排泄コントロール。
今夜の出来事です。関東の私鉄沿線近くの午後11時頃のスーパー西友で、
レジ順番を待っている私の後ろの白髪の女性、
キチンと立って荷物もしっかり持ってます、でも、ふと目に入ったズボンの両股が裾まで濡れている。でも本人は気づいていない。なぜって、気づいていれば、レジに並ぶよりも急いでトイレに走るでしょう?
だれも、何も、言いません。もちろん私も見えてないふり。
レジ係の男子も、「奥さん、トイレは2階ですよ」なんて言わない。知らん顔してレジだけ通す。
これから、このような風景がフツーになるのでしょうか。
オシッコでズボンを濡らしながら買い物する老人がフツーになって、
誰も何も言わない見て見ぬふりする日本。
私だってスルーしますよ。
かかわりたくないから。
やっと自分の老人家族から解放されたのだもの。
見ず知らずの老人まで面倒看れません。
医療・介護の網に引っかからない認知症らしき老人が、どんどん増えると予測できます。

Posted by 匿名 at 2018年05月05日 01:44 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部