このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

在宅医療もイロイロ

2018年05月14日(月)

在宅医療が美談だけとして報じられている事に違和感がある。
合う人も、合わない人もいるので、まさにイロイロ、が実態。
なかには「痛い在宅医」「痛い家族」もいて、相性も大切だ。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

「痛い在宅医」という本が、今頃になってさらに伸びている。

ネット上で拙書に関する書評もあるので、参考にしてほしい。

1)この本いいです!長尾和宏先生「痛い在宅医」を読んで
  | 40歳からの遠距離介護
   https://40kaigo.net/care/home-care/17643/

2)『痛い在宅医』
   - Not doing but being
   http://kotaro-kanwa.hateblo.jp/entry/2018/03/07/083022

アマゾンの書評もとても嬉しいものばかり。→こちら


そんな中、小笠原先生の記事が、ヤホーに出ていた。→こちら
コメント欄を読んで欲しい。
否定的な意見が多いのだ。

在宅医療はまだ市民に充分に認知されていない。
美談だけではないことを市民はもう知っている。

特に認知症の在宅療養や独居者の在宅療養には
まだまだ大きな課題がある。

しかし閉じ込め型介護施設にも課題山積である。
要はまだまだ議論が成熟していない段階にある。

2日間の市民フォーラムに、高井さん、加藤さん、丹野さんらが
尼崎まで来て熱弁してくれたことを無駄にしないよう精進したい。

51yVIogffTL._SX338_BO1,204,203,200_[1].jpg


2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

もし、長尾先生が、訪問医療をなさっている、利用者さんが、ご家族に不適切な介護をされていると、お感じになられたら、担当者会議を開いて、毎日見ているへるぱーさんやケアマネジャーや、訪問歯科医師酸などと検討して、虐待や、ネグレクト等を、疑われるなら、社会福祉協議会を通じて施設介護に切り替える等の処置が必要と思います。その為に介護保険が出来て、施設介護があるからです。
利用者さんが、虐待されても、家族による在宅介護が良いというなら別ですけど。
ケアマネジャーは、利用者さんが虐待をされていると感じたら、通報する義務があります。
最近では、なんとヘルパーさんも通報する義務があるそうです。

Posted by にゃんにゃん at 2018年05月14日 11:57 | 返信

「痛い在宅医」「痛い家族」だけじゃない…
痛いケアマネも 痛い訪問看護師もいる…


利用者本位と言いながら へんなプライドが邪魔をして
連携!連携!という使い勝手のいい言葉に振り回されて
ほんとに ご本人のためになっているのかと頭を抱えることも多々あります

何とかせねば!

Posted by 宮ちゃん at 2018年05月15日 11:44 | 返信

私もよくわかりませんけど、ご家族なり利用者さんを評価する時は、くれぐれも独断と偏見で裁判しないようにしたいものです。
私自身も独断と偏見に満ちた人間ですけど、できるだけ「自己確知」を大事にして、何故「家族虐待」と思うのかと言う根拠を客観的に評価したいと思います。
それ以上の事は、私には、分かりません。
できるだけ多くの人から意見を聞いて「虐待だ」と結論が出たら、早く公的機関に相談する方が良いでしょう。

Posted by にゃんにゃん at 2018年05月16日 12:34 | 返信

たぶんひとに好かれたことのない妹が
両親の、主に資産についておそらく
市役所をつうじて、全部手放せ、みたいな
書類を送りつけてきているようです。
父も母も満足に話せなくなりました。
わたしは蕎麦アレルギーなので
妹はわたしのことが気に入らなくなると
「蕎麦粉パワー」に頼っているようです。
とにかくわたしの留守に、なにかをしに来ています。
「ディアスポラ」の完成はそれぞれでしょうが
妹は体力だけあったんですね。
なにか「なわばり、なわばり」と叫んだりします。

Posted by 池井戸さんみたいな者です。 at 2018年05月17日 03:51 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部