このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

秋野暢子さんの尊厳死宣言

2018年05月16日(水)

女優の秋野暢子さんも尊厳死の宣言をされている。
昨日の読売新聞の記事が大きな話題になっている。→こちら
やはりお母様の最期はそのきかっけになっている。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

一般の人は気がつかないだろうが、この記事は面白い。

全文をよく読んで欲しい。。
・尊厳死
・延命治療
・エンデイングノート、などの文字は出てくるが
見事に「リビングウイル」という言葉は出てこない。

それもそのはず。

内閣府が「本人意思を文書に書くこと(=リビングウイル)は
医師の訴訟リスクを高める」と主張しているから書けないのだ。

日本救急医学会も同様の見解である。
つまり「リビングウイル」という文字が意図的に削除されている。

最近の新聞は全部そう。
見出しに「本人意思尊重」とあっても、「リビングウイル」は書いていない。

つまり、「患者の命はお医者様が決める」との見解だ。
ちなみにそんな国は、世界中で確実に日本だけである。

国や学会を挙げての延命産業。
それが医学、医療である日本。

秋野さんはもちろんそんな事情は知らない。
「エンデイングノート」という全く別の言葉で濁されている。

私は患者さんの意思を尊重する医療を目指したい。
だから叩かれても仕方がないし、闘うのみである。

それは私が医者だから。
ただそれだけ。

@@@@@@@@@@@@@@@@@

PS)

私以外にも、同じ考えの医師がいる。

それは、あの鎌田實先生だ。

・ 延命治療僕はいらない/鎌田實の健康連載 - 健康 :  →こちら

・ 自分の命は自分で決める時代/鎌田實の健康連載 - 健康 →こちら


「毎日が発見」という雑誌で先生と対談したことがあるが、
もし私の書籍が影響を与えたのであればとても嬉しい事だ。


2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

那覇の講演会を偶然聞いたものです。長尾という人物が誰かも知らずに・・・・人生観が変わる衝撃を受けました。そして、自分が理想とする死に方(死ぬ覚悟 死なせる覚悟)をするには、勉強や家族への啓発が必要だと知りました。うかうかしてはいられないと思いました。先生のブログは、他のサイトにジャンプできるため、幅広い知識を付けることができ、うれしく思っています。戦う先生を応援している那覇市民です。まずは先生のブログを毎日読むこと 尊厳死協会に入ること 小さな一歩から始めようと思います。

Posted by 秦の始皇帝 at 2018年05月21日 07:51 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部