このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

歯科受診が誤嚥性肺炎を半減させる

2018年06月04日(月)

歯科受診をしている人は誤嚥性肺炎のリスクが半減。
肺炎球菌ワクチンの前に、まずは口腔ケア、なのだ。
歯科医と歯科衛生士の出番である。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 



歯科受診をしている人は、誤嚥性肺炎の発症リスクが約半分になる(ハザード比0.32-0.79)。
誤嚥性肺炎の予防に対し、歯科の重要性を示唆するデータだと思います。

しかし、一方で、歯科受診をする(させてもらえる)という健康意識の
高い患者または家族である可能性も高く、単に歯科受診だけではなく、
十分な栄養ケアやリハビリも受けていらっしゃるかもしれません。

歯科単独で効果があるのかどうかは、このデータからだけでは判断が難しいですが、
リスクを軽減するための、必要条件の1つであるということはできるかもしれません。

とすれば、介護保険口腔ケア関連加算(あり)群も、もっとリスクが下がってよさそうですが、
そうなっていないのは、より介護度が重い群(自分で口腔ケアができないなど)が主たる対象だからか・・
 

老人保健施設で口腔衛生管理加算を算定していた利用者430名について、
退所後の口腔ケアの状況および肺炎の罹患率をレセプトから把握。

以上、「医療介護総合データベースを活用した分析事例の紹介」
(産業医科大学公衆衛生学教室 松田晋哉先生)より。

http://www.mhlw.go.jp/…/05-Shingikai-1240100…/0000206674.pdf

猪原先生のフィードから。

 
自動代替テキストはありません。

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部