このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

静岡市で平穏死の講演

2018年06月22日(金)

今日は静岡市で平穏死の講演をしていた。
静岡でこの話をするのは10回目くらい。
とても熱心に聴いて頂き、嬉しかった夜。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

頂いた演題は
「平穏死を叶えるために医療者が知っておきたいこと」

まさに明日の第7回リビングウイル研究会でこの話をしたい
ところであるが、私はホストなので与えられた時間はわずか。

その代わりと言ってはなんだが東京まで1時間の距離にある
静岡市の駅前のホテルでたっぷり2時間、平穏死の話をした。

もちろん小林麻央さんの話もしたが、正直、反応が心配だった。
医師専用のネットサイトでは、炎上寸前であるからだ。

最近、平穏死がまったく理解できない医療者が増えている。
一度も見たことがなので信じてもらえず本当に困っている。


天動説と地動説。

あるいは、日本とアフリカの対話。
いや、日本とアトランテイス大陸の対話!?

言葉がまったく通じない。
議論にもならないし、させてもらえない。


正直いくら頑張って講演したり本を書いても、理解どころか
興味も示さない医療者が多いので、自分の限界を感じていた。

ところが、静岡市はまったく違った。
そもそも大きな病院の緩和ケアの専門家たちが私を呼んだのだ。

でも果たして私の話の半分でも理解してくれるかな?
信じてもらえずに、怒り出す医者がいるのかな?

講演後、ビクビクしながら懇親会場へ向かった。
しかし私の心配は、どうやら杞憂であった。

緩和ケア病棟で働く医師や看護師たちから、
「長尾先生の言うとおりですよ!」と言われた。

遠いところまで講演に行き、一番嬉しい言葉だ。

「でも上司やエライ人達が全く分かってもらえないので困っているんです」
「私の病院にも講演に来て、その人達に教えてやってくれませんか」とも。

「はい、喜んで!!」
ビールを飲んだ勢いもあり、即答してしまった。


静岡市周辺の病院医療者の平穏死の理解度はとても高かった。
還暦ブルーなのか、元気が無かった私も一気に元気になった。

分かってくれるお医者さんや看護師さんもちゃんと居るんだ!
静岡、ムッチャレベル高かー

大変失礼な言い方かもしれないが、心底そう感動して東京へ。
明日は第7回日本リビングウイル研究会でもうひと頑張りだ。

















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

長尾先生と同業の方々が、先生の話に理解を示され、ブログを読んでいるこちらまで、とても嬉しい気持ちになりました!


Posted by 小梅ちゃん at 2018年06月23日 11:42 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部