このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

成年後見制度を見直すべし

2018年06月25日(月)

成年後見制度に関するいろんな事件が飛び込んでくる。
決して氷山の一角ではないなと思いながら眺めている。
この制度は早急に見なおすべき、だと思うのだが・・・
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


・病死男性の遺産、成年後見法人が受領 男性親族が提訴
        (神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース →こちら


・障害児の母親が、国との理不尽な闘いの渦中で急死 
                 現代ビジネス →こちら


「後見する」ということはとても難しいこと、に思える。
しかし工夫の余地はたくさんあるので、あとは「やる気」

悪いことができないようにするのは、透明性を高める以外にない。


この記事にあるように、残念だけど司法にはとても期待できない。

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

「障害児の母親が、国との理不尽な闘いの渦中で急死」を読みました。
関連して「成年後見制度の深い闇 第7回」
「突然失踪、財産も消滅…91歳女性が語る「お家は役所にとられたの」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53004
も読みました。
また、同じく第11回「裁判所がうっかりホンネを公表?後見人制度で露骨な利益誘導か」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53378
も読んでしまいました。
そして第12回「「重度認知症と勝手に判定され、財産権を奪われた母娘の涙の訴え」も。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53465

2009年からの老親との関わりの過程で、成年後見制度を調べて、漠然であるけれども、極めて大きな恐怖を感じていました。その恐怖が、現実となっています。
今度は、私自身を、成年後見制度からどのように守るか、が課題となります。
何故かって? 役所ぐるみで「高齢者の尊厳よりも専門家士業の利益優先」なのですから。

次のような、一般社団法人後見の杜という組織があるようです。
http://www.sk110.jp
後見トラブルを解決する唯一の機関、と書いてあります。
一読の価値はあるかと。。。。

一番良いのは、「誰が見ても被後見人に該当しないおばあさん」であり続けること、だと思っていました。けれども、明らかに「被後見人に該当しないお婆さん」を役所ぐるみでグループホームへ放り込んでしまう現実。
すご〜〜〜く怖い日本社会です。
どうすれば自分の尊厳を守ることができるのだろうか?

Posted by 匿名 at 2018年06月27日 04:08 | 返信

いよいよ私も老人です。私が死んだ時、少しでも貯金があれば、その貯金の全てと不動産を、〇市社社会福祉協議会に寄付しますという公正証書遺言を作成しました。でも私が死んだ時のお葬式と納骨のことを決めておかねばなりません。葬儀屋さんとも半分、話し合ってあとは費用を支払うだけなので〇市社会福祉協議会に電話で公正証書遺言の内容について話したら、こう言われました。
「あなたの様に死んだ後の預貯金と不動産を市の社会福祉協議会に寄付すると言う人は、たくさんいるんだ。でも遺言書に書いてあるからと言って、死んだ後に預貯金と不動産を、ハイハイと社会福祉協議会が貰う訳に行かないんですよ。弁護士を通して下さい、弁護士を!!弁護士を通さないと何事も上手く行かないんですよ!」
近所の司法書士に、☎すると「成年後見制度を利用してください。
と言われました。
成年後見制度は、法務省民事局のパンフレットによると
①:法定後見制度と、②:任意後見制度があります。そのうちの②:任意後見制度は、本人が十分な判断能力が、あるうちに、将来、判断能力が不十分な状態になった場合に備えて、あらかじめ自らが選んだ代理人(任意後見人)に、自分の生活、療養看護や財産管理に関する事務について代理権を与える契約(任意後見契約)を公証人の作成する公正証書で結んでおくというものです。
そうすることで、本人の判断能力が低下した後に、任意後見人が、任意後見契約で決めた事務について、家庭裁判所が選任する「任意後見監督人」の監督のもと、本人の代理として契約することによって本人の意志にしたがった適切な保護.支援をすることが可能になります。」と法務省民事局のパンフレットには書いてあります。

私は(私が認知症にならずに死んだ時、貯金と不動産を〇市社会福祉協議会に寄付したいだけ)なんだけど、司法書士さんは「貴方も何れは、認知になるんだから」と言っていました。
やっぱ、トシヨリは、みんなニンチにされるんだ!
あー!コワ!!

Posted by にゃんにゃん at 2018年07月05日 04:37 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部