このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

老衰の犬に飼い主がしてあげれること

2018年07月02日(月)

犬も長寿化で20歳まで生きる時代だ。
老衰の犬に飼い主ができることは何か。
人間と犬の違いはなにか。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

「老衰の犬に飼い主がしてあげれること」→ こちら

2018/6/27   わんちゃんホンポ

老衰とは、少しずつカラダの機能が衰えていく状態のことを言います。

食事をすることも、トイレに行くことも、当たり前のことも少しずつできなくなっていきます。
寝たきりの状態が数週間も数ヶ月も続くこともあります。

そして、末期の状態を迎えます。

末期の状態を迎えた犬は、食事をすることも水分を摂ることもしなくなります。脱水症状になる、
カラダを動かさなくなる、呼吸が荒くなる、痙攣する、などの症状があらわれます。

そして、最期のときを迎えるのです。
 

水と食事を取らなくなる理由

なぜ、食事をすることも水分を摂ることもしなくなるのか

食事をせず、水分を摂ることさえもしなくなるのは、
最期のときを迎えるための準備をしているからです。

カラダの水分を減らすことで、カラダを楽に逝かせるための準備です。

老衰によってカラダの機能が衰え、
食事や水分をカラダの中で処理することができなくなっているのです。


対処方法

食事をしなくなり、水分も摂らなくなりなってしまったとき、病院へ連れて行き、
点滴をしてもらうという選択肢をされる飼い主さんもいらっしゃるでしょう。

しかし、最期のときを迎える準備をしているカラダに無理やり栄養や水分を摂ってしまうと、
カラダの浮腫みの原因になったり、腹水がたまったりなど、犬のカラダに大きな負担を与えてしまうことになります。

ただ見守ることしかできませんが、残りの時間を寄り添ってあげてください。

看取り介護について

お顔に白髪が増えた黒い老犬

最期のときを迎えようとしている愛犬に何かしてあげたい、でも何ができるだろう、
何を望んでいるだろうと考えてしまいますね。

私もこれまでに二頭の愛犬を見送りましたが、何か特別なことをする必要はないのではないかと思います。
愛犬は、いつものママの姿を望んでいるのではないかと思うからです。

✔床ずれをしないように対策してあげる
✔寝たきりのカラダの向きを変えてあげる
✔カラダの汚れを拭いてあげる
✔手足やカラダをマッサージしてあげる
✔たくさん話をする

私が最期にしてあげたのは、ほんのこれだけです。

私の存在を感じることができないと鳴き続けてしまっていたのですが、
肉球をマッサージしてあげると鳴きやみ、落ち着いて眠ることができていました。
肉球だけは最期まで感覚が残っていたのかもしれません。

どのように最期を迎えるのか

老犬と飼い主

✔終末医療を受けさせる
✔安楽死をさせる
✔蘇生や延命医療を受けさせる

選択肢はたくさんあります。私は上記のどれも選択しませんでした。

私が選んだのは「自然と最期を迎えさせてあげる」でした。

私の体験談

愛犬が亡くなる1週間前、突然、食事を残すようになりました。
食いしん坊で食べ残すことなんて一度もなかったので、体調が悪いのではないかと思い、
すぐに病院へ行きました。

獣医さんの診断は老衰でした。

検査をして延命治療をするのか、自然に任せるのか、2つの選択肢を与えられました。

不安で怖くてツライ思いをしなければならない検査を受けさせることは本当に必要なのか。

私は必要ないと判断しました。

1週間の間に食事を摂る量はどんどん減っていき、食事をせず水だけを飲むようになり、
水を飲むこともしなくなり、最期を迎えました。

最期の日はとても悲しかったですが、おむつを外してあげたとき、
しっかりうんちとおしっこを済ませて逝っていたことを知り、ちょっと笑みがこぼれました。

蘇生と延命と安楽死について

犬の蘇生技術や延命技術は発達しており、24時間体制の病院も増え、
緊急に備えることができます。

苦痛から愛犬を救ってあげたいという気持ちから、
安楽死を選択する飼い主さんもいらっしゃるでしょう。

どんな選択をすることになろうと、それを判断し、決断しなければならないのは飼い主さんです。
あなたの決断に対して否定する人もいるかもしれません。

愛犬の最期を見送った後、本当にこれで良かったのか、疑問や後悔が押し寄せるかもしれません。
愛犬が何を望んでいるのか、それは飼い主さんが最も理解していると思います。

その選択と判断と決断をしたのですから、愛犬は喜んでくれているはずです。

まとめ

私も愛犬も、あなたもあなたの愛犬も、最期は必ず死に逝きます。
老衰であるならば、私はとても幸せだと思います。

愛犬が最期のときを迎えるまで、その準備を共にし、過ごすことができるのですから。

犬の寿命は長くても20年ほどです。

先に逝ってしまいます。

とてもツラく、悲しいです。

犬との出会いの数だけ、死に立ち会わなければなりません。

私は未だに愛犬たちのお骨を手放すことができず、お骨になった今も一緒に暮らしています。

老衰の末期にしてあげられることは少ないですが、後悔が少ないよう、過ごしたいですね。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


老衰の犬に点滴はしない。

老衰の犬に鎮静はしない。

穏やかな最期を見守る。

平穏死とは「枯れる」こと。

犬→親
飼い主→子供、と置き換えてみよう。


そして人間のお医者さんも、この獣医さんを見習うべき。



 

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

完全にヒトの最期と同じ、なんですね・・・。

Posted by 匿名 at 2018年07月03日 05:09 | 返信

生き物の中で…
人間が一番、頭がいいと思っていますが
実は一番、バカなのかもしれませんね

自然に逆らってばかりで…
いつかしっぺ返しがきちゃいますね

戦争の時代から経済の時代を経て
いよいよ心の時代の到来です

わんちゃんに学ぼう

Posted by 宮ちゃん at 2018年07月03日 10:30 | 返信

 我が家の愛犬「ゆり」も、昨秋14歳で亡くなりました。
2年半前から左後ろ足の調子が悪くなり、時々つって非常に苦しむので
獣医さんで毎月鍼治療をしてもらって緩和していましたが、徐々に老衰は進んでいきました。
それでも残された機能で一生懸命歩いていました。
 最後のほうは寝たきりになり目も見えなくなり・・
若い頃は走るのが大好きでビュンビュン走っていたので、現状を苦痛に思っているのでは・・
と思うと胸が締め付けられる思いでした。
獣医さんに相談すると、オーリングテストをしてくださり
「苦痛に思っている脳波は出ていませんよ、良い老後を過ごしているのでしょう」と
言ってくださり、ほっとしました。
 最期は水も飲まなくなりましたが、呼びかけには前足を少し動かして答え、
6日目、家族の腕の中でほほえむような表情で息を引き取りました。
  支えてくださった獣医さん、そして長尾先生のブログを読ませていただいているおかげで
平穏死させてやることができました、ありがとうございました。

 
「ゆり」は長年セラピー犬として高齢の方や障がいのの施設を訪問していましたので、
利用者の方たちにどのように報告すればいいんだろうか・・と思いましたが、
亡くなった2か月後に偶然出会ってうちの子になった同犬種(スピッツ)のあかちゃん犬を
連れて行き、「ゆりの生まれ変わりだよ」と紹介しました。
「ゆりちゃん死んじゃったの?」と一瞬表情が曇りましたが、あかちゃん犬の無邪気さに
つりこまれ笑顔になって遊んでおられました。
 あかちゃん犬「もも」は、「ゆり」の天国からの贈り物です♪

Posted by 森のももちゃん at 2018年07月05日 10:19 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部