このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

ドシャ降りの雨の中、財布を落とした

2018年09月07日(金)

台風以来、さらに昼夜の区別が無くなり、かなり混乱した生活。
昨夜は深夜の急変患者さのため寝る暇なく、ぼーっとした日中。
そして今夜はついに、ドシャ降りの雨の中、財布を無くした・・・
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

昨日は、ラジオ日本の収録が2本あった。
順天堂大学の小林先生が相手をしてくれた。

深夜には在宅患者さんが急変し対応した。
今夜は、緩和医療の勉強会があった。

膵臓がんとC型肝炎の勉強会もあった。
C型肝炎が完治する時代になったのだ。


外はドシャ降りの雨だったので駅までタクシーに乗った。
ドシャ降りの場所で降ろされたので、屋根下まで走った。

ポケットを探ると財布が無い!
あ、タクシーの座席に忘れた!

慌ててそのタクシーに戻るも次の客を乗せて走り出し、走り去った。
その間、わずが30秒たらずの「ああ、無情」・・・・  泣いた。

財布の中にはお金やカードや運転免許証など大切なものばかり。
それが無くなれば、私は無一文の「私は誰」状態になっていた。

どうやって帰ろうか。
誰にお金を借りようか。


すぐにタクシーの領収書に書いてある電話をするも全く繋がらない。
1時間半後にやっと繋がるも、「落し物は無い」との返事であった。


焦った。
ああ、よほど普段の行いが悪いのやなあ。

泣きそうになりながら、交番を探して紛失届けを出した。
悪いことをした訳ではないが、なんか罪人のような気に。

書類を書いているとそこに一人、若い女性が飛び込んできた。
「あのー、自転車置き場に電車のカードが落ちていました」。

こんな小さなカードを雨に濡れながら交番に届ける人が可愛かった。
「謝礼は辞退でいいよ」と言い残して出ていく姿を、恨めしく見た。

ああ、俺のも誰か拾ってくれたらいいのになあ。

お金やカードが入っているほど戻りにくいらしい。
まあ、仕方がない。落とすほうが悪いんだから。

落としてから2時間が経過し、カード会社にカード紛失の電話をした。
まさにその最中に、有村架純似の警察官が「ありました!」と言った。

道で拾った人が、わざわざ近くの警察署まで届けてくれたのだ。
地獄から天国に戻ったような気分で、雨に濡れても平気だった。


財布の中味はびしょ濡れだった。
座席に忘れたのではなく、降車時か走った時に道路に落としたのだ。

当然わざわざ届けてくれた神様のような人にしっかりお礼をしたい。
いくらでもしたいが、拾った人は「謝礼辞退」を警察に伝えていた。

個人情報のため、届け出てくれた人の名前は教えられないのだ。
だったら警察が仲介してお礼を渡してと頼むも、それはダメと。

雨の中、思わずスキップしながらなぜか中島みゆきの「糸」を歌っていた。
こんなめでたい時に勝手に口に出る曲なのだから、よほど好きなんだろう。

結局、終電にも1分差で乗り遅れた。
雨にも濡れた、雷も光ったが、それでもいい。

出てくりゃ、それでいい。
生きてりゃいいさ、なんて歌を「ちょい大袈裟やな」と思いながら歌う。

落としたものが出てくる国、まして雨の中、わざわざ大きな警察署
まで自ら届けてくれる人がいる日本っていう国は、凄い国だと思う。

帰りのタクシーの運転手さんに「お客さん、それは運がいいですね」
「戻ってくる確率は10分の1ですわ」と言われた様に、運がいい。

咋年、東京六本木でクレジットカードを落とした時は戻らなかった。
すぐにストップをかけ被害は無かったが、すごく面倒な作業だった。



今週は結構、人のために働いた。
いろんな人に会い、勉強もした。

悪いことは、していない。
だから運が良かったのか。

でもいろいろあり過ぎて、目が回りそうだ。
ドシャ降りの雨の中、地獄から天国に戻った(戻れた)2時間半だった。


PS)
肝臓専門医が困っていた。
C型肝炎がほぼ100%治る薬が出たからだ。

医学の発達で専門医の需要が激減する典型例だ。
患者さんには、まさに福音だ。

































2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

今日のブログ、もうハラハラしながら読みました。先生のお財布が見つかって本当によかった!
先生、今晩こそは…寝てください。

Posted by 小梅ちゃん at 2018年09月08日 07:39 | 返信

 先生でも凡ミスがあるんですね お気をつけて下さい。財布が無事に帰ってきてよかったです。

Posted by 薬剤師 井澤康夫 at 2018年09月08日 11:07 | 返信

見つかってほんとによかった。
また、生身もご無事でほんとによかった。

余計なことを一つ。
女性は何らかのポシェットやバッグを持って歩くけど
男性は財布に重要物を詰め込んで、その財布をスボンやジャケットのポケットに突っ込んで手ぶらで歩く傾向。

歳をとってからの亡父は、その財布にヒモをつけて首からぶら下げてから、ポケットに突っ込んでいました。

Posted by 匿名 at 2018年09月08日 04:28 | 返信

先生、良かったですね!
少しお疲れなのかも。(いつものこと?)
地震、大雨、台風と日本全体がお疲れのような気がします。
共感疲労(様々な報道で辛いニュースを見ているうちに、自分も疲労、疲弊、してしまう状態)という言葉があるのを聞いて
とても日本人的だな、と、思ってしまいました。
お財布を拾って下さった方、先生、婦人警官さん、
優しい人の周りには、
優しい人が集まるんですね~。


Posted by 岐阜県のミカン at 2018年09月08日 10:04 | 返信

本当によかったです
ドン底を味わって 苦しかったですね…

顔は見えてこないけど いい方に巡り合えてよかったです

Posted by 宮ちゃん at 2018年09月08日 10:11 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部