このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

順天堂取り違えのドキュメンタリー番組に涙

2018年11月04日(日)

順天堂医院の赤ちゃん取り違え事件、をご存じだろうか?
NHKが取り違えられた男性のドキュメントタリーを放映。→こちら
そこには血縁を超えた人間愛があり、涙があふれてきた。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

50年も前の事件である。
順天堂医院の対応→こちら


当事者のブログ。
「被害者Xのブログ」→こちら

この人がTVで淡々と語っていた。

6歳の時、取り違えと分かった後も変わらぬ愛情を注いてくれた
育ての母に、「ヘソの緒を返したい」という言葉にジーンときた。

彼は、育ての母親に本当の子供を会わせたいと考えて行動している。
それが愛情への報いであるとのことだが、どんな気持ちなんだろう。


生みの親と育ての親。
「養子」という制度もあるが、親子とはなにか?と考えた。

施設に預けっぱなしで、見に来ない子供はどうなのか。
あるいはその逆で、子供を虐待したり殺してしまう親。


親がいるから、自分がいる。
だから親を大切にすることは、人として当然のこと。

しかし「親子の縁」が薄い家族も、いつの時代も、いる。
それをどう考えるのか?

親子の縁、についてあらためて考えた。
もう死んでしまったが、子供が考えなかったら、誰が考えるのか。

感謝しかない。
生んでくれて、育ててくれたことは凄い。



PS)
今夜もクリニックでは、遅くまでスタッフ達が働いていた。
彼らに支えられて自分がいるが、スタッフに恵まれている。















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部