このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

介護職の皆さんに認知症の薬の講演をした

2018年11月14日(水)

今夜は、国立認知症大学で「認知症の薬」について講演した。
「え?介護職にお薬の話?」と思った人も多いでしょう。
しかし「薬害認知症」を止められるのは介護職しかないのだ。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

あっという間の90分。
質問もいくつか頂いた。


クリニックの会議室が満員になった。
仕事帰りの介護職が、熱心に聞いてくれた。

私としては、ホームグラウンドで生涯最高の講演をした。
しかし過激すぎて、ここにはアップできない。

ライブだけのお楽しみ。
感性のいい介護職との触れ合いは楽しいし勉強になる。

23時すぎまで懇親会。
そこからまた往診依頼。

今日も寝不足のまま、いろんな人を教えていた。
毎日、医師やスタッフなどの多職種を教えている。

私はクリニックをひとつの教育機関である、と勝手に思っている。
研修医だけでなく、ベテラン開業医も、来るものは拒まずの姿勢。

私たちの先生は「患者さん」であるが、当院には全国からざまざまな患者さんが集まる。
「症例が豊富」が最大の特徴なので本気で総合診療や総合看護を目指す人にはお勧めだ。

国立認知症大学の2期生も後半戦に入った。
力の限り、教えることにも頑張りたい。

今日、関東の認知症研究会仲間のMLを読んで笑ってしまった。

ある町では「暴れている患者さんにアリセプト10mg」を処方している医師に
介護職やケアマネさんが「先生、そんなことも知らないの?」と注意するそうだ。

するとどの医師も必ず中止して、その結果、患者さんは穏やかになるとのこと。
私も自分の生徒さんには医者よりも賢くなって欲しいと本気で願い話している。


27500569_1004350319703280_6262114266883659933_o[1].jpg









2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

講演を聴き、懇親会も参加した魚谷です。
東大阪から参加した最後に写真を撮っていただいた坊主頭です。
色々とありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

Posted by 魚谷 幸司 at 2018年11月15日 05:42 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部