このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

アメリカ人は日本人より薬好き!?

2018年12月10日(月)

日本人が世界一の薬好きかと思っていたたが、そうでもないよう。
アメリカ人も負けず劣らず薬好きとのことだが薬局で自費購入も。
なんでみんな、クスリ=リスクに頼ろうとするのか理解できない。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

以下、谷田先生からのレポート


「アメリカ人は、どんな薬でも、特に抗菌薬を処方されることを、
薬なしで帰されることより良いと考える」とは、
Martinez KA et al. JAMA Intern Med 2018 Oct 1の結果です。

「医師が勧めれば90%以上の高齢者は服薬中の薬を減らそうと思うが、
それら薬剤は必要だと考える」というReeve E et al. JAMA Intern Med 2018 Oct 15の結果です。
 
アメリカのドラッグストアに行くと、彼らの薬やサプリ好きは日本人以上だとわかるでしょう。
多剤処方(ポリファーマシー)は日本同様アメリカでも大問題です。

しかし、人々は薬好きですし、改善は非常に困難でしょう。
著者らは、「改善には医師の地道な努力が必要」と強調しています。
人々薬好きにしたのは医師ですし、それを修正するのも医師の役目でしょう。

@@@@@@@@@@@@@@@

日本だけじゃないんだ。


毎週、週刊誌や月刊誌にコメントを提供している。
「けしからん!」と怒るお医者さんも多いのだが。



ちなみに
プレジデント12月号は是非、買っておいたほうがいい。
「本当にいい病院は病院はどっち?」 →こちら

内容がとっても充実しているので保存版である。

医療費を節約できる7つの情報   →こちら

夜間診療・門前薬局・ジェネリック
 

 


2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

アメリカ人は日本人よりクスリ好きかもしれないが、
アメリカ人は日本人より訴訟好きなことは皆が認める事実、
したがって、
医者が出したクスリやサプリで問題が生じると、アメリカ人は訴訟を起こす。
したがって、
アメリカで医者として成功するには、患者をレスペクトし、処方も含めて医療行為に慎重を心がける。不適切処方や過剰ダラダラ処方をすると訴訟で負ける。
結果、
アメリカで過剰ダラダラ処方できずに余ったクスリ=副作用強くアメリカでは使えないクスリの消費先が日本となる。それらのクスリを嬉々として処方するのが日本のアホ医者だ。

Posted by 匿名 at 2018年12月12日 01:22 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部