このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

歩くように泳ぐ

2018年12月23日(日)

少し時間ができたので、フィットネスクラブに行った。
ある職員に出会い驚いたが向こうはもっと驚いていた。
「何しに来たのですが?」と聴かれたので、思わず・・・

2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


「泳ぎに来たんに決まってるやんか。
 風邪の予防は水泳や」

と、思わず言ってしまった。

これで泳がざるを得なくなった。


実は、プールにつかるのは1年以上ぶり。
溺れないか、ビクビクしながら、入った。

その前に入水する時の自分の姿が実に情けない。

一言でいうなら、「サルコペニア肥満」の見本だ。
筋肉は驚くほど少なくなる一方、脂肪がタップリ。

おまけにかなりの腰痛のため、ヤットコサの入水。
水に浸かっても、腰痛と首の引きつりは、不変だ。

プールには私一人だが、監視員のニーチャンが飛んできた。
メタボ爺さんが溺れてしまわないか、見守りをしてくれる。

恐る恐る、平泳ぎで、止まっているような速度で泳ぐ。
腰痛悪化や溺れ死にしないように、慎重に慎重を期す。


だんだん調子が出てきた。
泳ぐのもいいものだ。

いや、泳ぐほうがいい。
まあ年に1回だけだが。

歩くように泳ぐ。

そう、人生もゆっくり泳げたらいいな。


凄く時間が経過した気がしたが時計を見たら、たった15分しか経っていない。
しかし「今日はこれくらいにしといたろ」と、プールを出てジムのほうに移動。


遅い時間は、ご婦人は少なく、ほとんどが高齢男性だ。
みんな家に居られないのか分からないが男性の時間帯。

女性はペチャクチャお喋りであろうが、男性たちは
黙々と自分のドリルをこなしているので静かな時間。

すれ違う時に相手をチラッと見る仕草は
どこか野生動物同志の距離感に似ている。


1時間後、お目当ての風呂場に、たどりついた。
湯船でも水風呂でも、お爺さんが死んでいる!?

と思ってみたら、みなさん生きていた。(まあそうだろ)
みんな目をつぶって口を開けているので、間違えた。

フィットネスクラブの風呂場は、恍惚の表情であふれていた。


「これからは、しっかり泳ぐぞ。週に1回は泳ぐぞ」

毎年、年末にはそう決心する。
昨年末の決心を、思い出した。


たったこれだけであるが、運動は気持ちがいい。
脳の中でほんの少しだけ「セロトニン」が出た。

その勢いをかって、映画に出かけた。
若い監督の2作品はどちらもハズレ。

ああ、ボヘミアンにすればよかった。
いや、エリッククラプトンやったな。

でも年末年始は、映画を見まくるぞ。
プールは休みならば映画三昧に限る。


というわけで、みなさま、楽しいクリスマスをお過ごしください。






















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

先生、今日のブログも絶好調ですね!おなか抱えて笑っちゃいました。
おかげさまでナチュラルキラー細胞増えました!

Posted by 小梅ちゃん at 2018年12月23日 12:26 | 返信

長尾先生、素晴らしい「息抜き」になりましたね。

ぼくも70歳台前半、仕事の合間に5か所のフィットネスクラブで、
休講穴埋めの臨時インストラクターをやったあと、お風呂に入らせてもらっていました。
たまに入った25mプールでは、ひと呼吸ターンを練習していました。

こんな経験から、年寄り向けの身体技法に関心をもつようになりました。
たまたま見ていたTVで、ある大学の長距離陸上部の選手たちが、
競歩や右回り走、裸歩クールダウンなどを取り入れていました。
ある高校の駅伝部の選手が、立円のスワイショウをやっていたり、
少年野球の子どもたちが、棒ストレッチを取り入れていたり。

機械に頼らない「身のこなし」で、「セロトニン=メラトニン」循環を心掛けたいものです。
今朝も、「軽蔑の眼差し」にもめげず、裸足草履で、痩せガエルです。

Posted by 鍵山いさお at 2018年12月23日 12:24 | 返信

先生のブログは、時々、凡人の私を身近に感じさせる内容で、ホッとします。
私は、殆どドキュメンタリーしか観ない者でございます。
「エリッククラプトン」は正真正銘のドキュメンタリーで、それはそれで満足でした。
「ボヘミアンラプソディ」は、真実を元に作られた映画ですが、メンバーも殆ど似てますし、当時のライブを使用されていたという事もあり迫力満点で、「やっぱりクイーンは素晴らしい!」と、大満足できる映画でした。
二つの映画は、いくつかの共通する内容が描かれていて、考え深いものでした。

Posted by furu at 2018年12月23日 02:45 | 返信

チャレンジ精神ですよね…
何かをやろうって気持ちは かなりのエネルギーが必要で、やっぱり ムリ〜と思った瞬間から転げ落ちて いっちゃいます
だから
何をやるにも 前を向いて 今、この時が大事と大切にしていけば
きっと いい人生だったといえるような気がします

わたしも
こんなんですが 泳ぐのは大好きです
モグリン(スキューバーダイビング)にも ハマっていた若かりし頃もあります

案外、仕事が息抜きだったりして
今日もお仕事でしたぁ〜

Posted by 宮ちゃん at 2018年12月24日 09:55 | 返信

寒くなってきましたし、プールに入られて...風邪でもひかれたのでしょうか。
もしかしたらインフルエンザとか..大丈夫ですか?? 長尾先生~!!

Posted by もも at 2018年12月26日 09:20 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部