このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

肺がん検診は「見落とし」だらけ

2019年01月08日(火)

肺がんは、死亡第一位のがんの中の堂々、第一位を占めている。
「早期発見のためには胸部レントゲン」と思ったら大間違いだ。
肺がん検診は「見落とし」だらけであることを知っておくべし。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

選択1月号  肺がん検診は「見落とし」だらけ →こちら

この記事によると、胸部レントゲンで肺がんが発見されるのは30%。
つまり、肺がんの70%は見逃されていることになる。


私の実感とも一致する。

昔、兵庫県立がんセンターと症例検討会を10年間ぐらいやっていた。
胸部レントゲン写真1枚で肺がんが診断できるのかどうかのセミナー。

1枚のレントゲン写真だけをみんなで1時間議論してから
そのあとで1時間、CTや手術標本などを解説してもらう。


ステージⅣの肺がん症例が、どんどん出てくる。
しかし胸部レントゲンにはほぼうつっていない。


手遅れの肺がんでも胸部単純レントゲンには、うつっていない。(分からない)


これは私の中の常識だ。
もちろん分かることもあるが。

では、CTを撮れば全部、分かるのか?

恐ろしいことに、ステージⅣの肺がんがCTで見落とされることもある。
きっとAI読影が発達しても、見落としはゼロにならないはず。

検診やドックにも、「医療の不確実性」は依然、残る。

CTで、格段に制度は上がる。
しかし2つ大きな問題点がある。

1)放射線被ばく(だから被ばくが少ないCTが推奨される)
2)がんと区別ができないごく小さな病変もチェックされる

だから当院では、1)と2)を理解してもらったうえで
人間ドックでの肺がん検診は、CT検診にしている。

胸部レントゲンによる肺がん検診をやっていない自治体がほとんどだが、
これは正しい判断だ。レントゲンを撮る目的は肺結核の有無の判定など。

以上は、もしかしたらまだ常識ではないのかな?
と思ったので、紹介した次第。

低被ばくのCTによる検診が望ましいが、それにより
肺がん死亡率が減少するかどうかの決着は、まだだ。

以下、私の勝手な結論。

肺がんで死にたくない、と思う50~75歳の人は、
思い立った時に肺のCT検査を受けるべし。



PS)
正月は結局、仕事三昧。
すし三昧の社長と同じ。

元旦も看取り、昨日も看取り。
1日中、街中を行ったり来たり。

映画も1本も観られなかった。
トホホ・・・。

外来も大混雑で、終わらない。
インフルが昨年の2倍、と大流行の兆し。

みなさま、インフルとノロなどに、気をつけてください。
私は馬鹿なので、ワクチンを打ったこともありませんが。





















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部