このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

「糖尿病と膵臓がん」が重版しました

2019年01月11日(金)

年末に出たばかりの「糖尿病と膵臓がん」が重版したという連絡を受けた。
わずか10日での増刷決定に、応援して頂いた皆様にお礼を申し上げます。
膵臓がんで死なないためにはハイリスク者からの超早期発見しか道がない。


2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

この本が出て、いろんな人からいろんな注文を頂いている。

・「インスリンだけで一冊書いて」
・「糖尿病と認知症も書いてね」とか、・・・



毎日、たくさんの糖尿病患者さんと接する。
内心「膵臓がんだったらどうしよう」とビクビクしている。

最近も糖尿病の人が肺炎で入院したら、胃がんが見つかった。
それもかなり進行した厳しい状態であると聞き、心が痛んだ。

がんが怖くて、いろんな検査を保険診療ですることはできない。
またがんかどうか分からない「がんもどき」も見つかってくる。

あるいは肺がんを検出するには、CT検査が必要だ。
しかし、なによりもレントゲン被ばくが気になる。

つまり、がんの検査は過少でも過剰でもいけない。
適度にということだが、どれくらいが適度なのか。


そこで「ハイリスクグループ」という概念が出てくる。
それをしっかり書いたのが「糖尿病と膵臓がん」→こちら


「薬のやめどき」は現在8刷りだそうだが、そのの本の出足と
同じくらい売れているそうなので、ベストセラーになるかもね。

また発売後たった1週間で、韓国から翻訳本のオファーが来た。
翻訳本は、これで10冊目くらいになるが、とても光栄なこと。


61dXw0YgxlL[1].jpg





2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部