このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

1.17 追悼

2019年01月17日(木)

24年前の今日を忘れてはいけない。
6000数百人もの命が奪われた日。
私を目覚めさせてくれた日。追悼!
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

24年前の今日、たくさんの死体を見た。
ベッドの上ではなく、その辺に横たわる遺体。

小さな子供の遺体を見たのは生まれてはじめてだった。
芦屋市の人口の5%が死んだ日。

完全に陸の孤島と化した市立芦屋病院に、外部から救急車が
入ってきたのはちょうど24時間後の1月18日の午前5時。

大阪市立総合医療センターの救急医が神様に見えた瞬間。
あの瞬間から、「芦屋・大阪ルール」が出来て多くの命が救われた。

あの時、まだ「トリアージ」という言葉も無かった。
言葉は無いが、不眠不休でしっかりトリアージしていた。

その時の想いを本に書いたのが、本を書くことになったきっかけ。
その後、調子に乗ってたくさん本を書くことに。

「町医者冥利」→こちら
今じゃプレミアもん、と言いたいところだが1円だ。

36歳の時のほうがまだ文章は上手かった。
若かったから、文章も若くてなにより素直。

あの朝、JR六甲道をくぐろうとしたらホームが落ちていた。
向こう側に回ったら、そこも落ちていて、腰を抜かした。

昨夜、そのドラマが放映されると聞いた。→こちら
まさに奇跡的、驚異的、な復旧だった。

歩いて市立芦屋病院まで行った。
その日から家に帰れなくなった。

その2ケ月後、辞表を出して、町医者になった。
最初にやったのが、仮設住宅への往診、だった。


誰にも相談しないで生きてきた。
自分で勝手に決めたこの道。


それから16年後、今度は東北で地震が起きた。
36歳だった男は、52歳になっていた。

阪神大震災の苦い経験を東北震災に活かしたい!

そんな想いで、たった4ケ月後に提言集を出した。
「共震ドクター 阪神そして東北」(ロハスメデイア)→こちら

映画も撮り、世界で上映された。
「無常素描」(大宮監督)→こちら

ガムシャラに突っ走ってきた24年間。

目覚めさせてくれたのが、24年前の今朝の大地の揺れだった。
というわけで、24年前の犠牲者達に追悼の祈りを捧げる日だ。

生涯、僕は、この日を忘れることはない。



















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

1.17.05.46.鎮魂の鐘をついていた小学生が、向けられたマイクにかたる。
「カネをつきながら、つぎの世代につないでいきたい」!
「小学生時代」の体験は、大事。
私事で恐縮ですが、二度「イエ概念」を手放した。
一度目は、他家へ養子に。二度目は、台風でトタン家が空に舞い隣り村へ。
近年は、「墓」仕舞いという断捨離。

最近は毎週、われらが火山列島のどこかで、震度4の地震が襲う。
自衛隊は解体してヤポネシアに拠点を置く国際災害救援隊に改編すべきだ。
と思うが、ロートル(老頭児)の戯言として、捨て置かれるだけか。

猫も杓子も「平成最後のなんとか」と、風に吹かれて枯れ落ちる。

Posted by 鍵山いさお at 2019年01月17日 07:09 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部