このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

神戸新聞「終章を生きる」最終回

2019年01月28日(月)

神戸新聞の「終章を生きる」の最終回に
登場させていただいただいた。→こちら
生前葬についても触れて頂きました。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

人生の終章を自分らしく締めくくるため、あるいは心置きなく逝くため、多様な取り組みが広がる終活。
生きているうちに「生前葬」を開き、家族や友人に感謝を伝えるという考え方がある。
昨年7月、還暦に合わせ生前葬を開いた「長尾クリニック」(尼崎市)院長、長尾和宏さん(60)に
生前葬の意義や、死を見つめて生きる大切さについて聞いた。
 
-生前葬はどのような内容だったか。
「患者さんや友人、病院スタッフをホテルに招き、葬儀会館で前撮りした映像を流した。白装束に身を包み、
ひつぎに入る様子を皆さんに見てもらい、その後はパーティー。歌を歌って、生の喜びを表現した」
 
-なぜ生前葬を。
「50歳のとき以来2回目。むちゃをしてきたので、60歳まで生きてこられたことが奇跡だ、というのが動機の一つ。
私は死後に葬式はいらない。今一緒に生きている仲間と飯を食える素晴らしさの方が大切。
『死んだときは来なくていいよ』と伝えることもできた」
「もっと大きな目的は、死を身近に感じてほしいということ。

人は全員死ぬのに、寿命が延び、身近で人が死ぬこともなくなったため、誰もが自分だけは死なないと思っている。
私が〝予行演習〟することで、死をタブー視せず、オープンに語り合うきっかけにしてほしかった」
「死を意識する一つの方法が、入棺体験。死に装束を着けて入ると、さみしいし、こんなところに入りたくないなと思う。
何回入っても嫌な気持ち。でも100パーセント入ることになるんだから、今日を頑張って生きよう、という気持ちになれる」
 
-生前葬はどのように開けばよいか。
「難しく考えなくても、ある程度の年齢になったら誕生日パーティーで家族や友人に感謝を伝えたらいい。
お世話になっている人にごちそうする会を開くこともできる。必ずしも『生前葬』と銘打つ必要はない」
 
-終活についてどう考える。
「死を見つめて生きるという点では意味はあるが、今の終活は本人で完結しがちなのが問題。
終末期や死後のことについて、家族や医師と話し合って一緒に進めることが重要だ。
日本尊厳死協会の副理事長としては、50歳を過ぎたら終末期の希望を文書化する『リビングウイル』もぜひ書いてほしい」
 
▽ながお・かずひろ 1958年、香川県生まれ。東京医科大卒。大阪大病院などに勤めた後、95年に尼崎市で長尾クリニックを開業。みとりを含めた在宅医療に力を入れる。日本尊厳死協会副理事長。「『平穏死』10の条件」など著書多数。

@@@@@@@@@@@@@@@


ちなみに、バックナンバーも参照してください1回目
終活は、前向きに生きるため 100歳まで生きる人生設計 61歳女性
https://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201901/0011974834.shtml
100歳まで生きるのにいくら必要? 夫婦で1億円、不確定要素も
https://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201901/0011974853.shtml
 
2回目
生前の思い家族に伝える エンディングノート、抵抗感も
https://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201901/0011977153.shtml
エンディングノート、何を書く? 遺品整理や家族への感謝など
https://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201901/0011977155.shtml
 
3回目
先祖とのつながりも「生前整理」 次世代への負担最小限に
https://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201901/0011981649.shtml
効率的な生前整理方法は? 要、不要、中間の3つに
https://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201901/0011981651.shtml
 
4回目
時代とともに変わる葬儀 墓不要、骨上げ、散骨しない「0葬」も
https://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201901/0011995884.shtml
一般葬、家族葬、直葬…葬儀が多様化 費用の違いは?
https://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201901/0011995883.shtml
 
5回目
遺影や棺、生前に準備 遺族に遺す葬儀
https://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201901/0012000902.shtml
お葬式の事前相談 どこまで決められる? 参列者数などで見積もりを
https://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201901/0012000905.shtml
 






2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部