このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

辛坊治郎さんの「年金の真実」

2019年02月11日(月)

今夜は辛坊治郎さんの講演を拝聴。
「マスコミが伝えない報道の真実」
今、日本は大変な事になっている。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

辛坊さんは、「そこまで言って委員会」の司会者で、本も書いておられる方。
この人気テレビ番組はやしきたかじんさんの意向で東京圏だけ放映されない。

この番組には、2回ほど出演させて頂いたが、本当のことを言ったら
オンエアーではほとんどカットされていて、かなりの制約を感じた。


今夜の辛坊さんのお話を3つだけ紹介したい。

1)年金の真実。
  年間50兆円の年金は本来2000兆円の貯金が無いと賄えないが。
  今、若者世代から集めた50兆円だけなので、実質、破綻している。


  年金の詳細は彼の著書を読んで欲しい。
  「年金の真実」→こちら

  11年前の本だけど、「今も一言一句間違っていない」と彼は断言した。

2)運転免許は返納するな!
  実は自動運転は欧米では実用化されているが、日本は
  規制が強すぎて、不都合な真実として隠されていると。

3)沖縄県知事選の裏側。
  公明党員が沖縄では自公推薦ではなく、デニーさんに投票した。


あまり知らないことばかりで、驚いた。

辛坊さんも、本当のことはテレビで言えないし書けない。
だから、辛坊さんのメルマガを取って勉強するしかない。

明後日(2月14日)は那覇で講演して、ラジオにも出るが
なんとその日は沖縄の県民投票の日でもある。

ラジオで話している時間(21時すぎ)には、結果が出ているだろうから
沖縄のみなさまにいろんな話を聞いてきたい。

しかし、やはり、ここには書けない。

だから私も辛坊さんと同じで、「まぐまぐのメルマガ」にしか書けない。
よろしければ読んでくだください。(毎週金曜日の21時に配信)→こちら

本当の情報は、お金を出して個別に買うしかない。
日本は厳しい言論統制下にあることを改めて感じた。



PS)
今日は建国記念日だけど
朝から夕方まで往診漬け。

しかし国家の存続も考えていた。

















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

運転免許証は、返納してしまった。
届いた年金の源泉徴収票をみたら、介護保険料、後期高齢者医療保険料の合計だけで、
基礎年金分のかなりが亡くなっていた。
中卒初任日給が170円であっても厚年保険料が控除されていたので、
その分は活きている。
成人になられてばかりのみなさん。
「年金」でない最低生活保障を期待したいなら、オトナに期待しないことだ。

クニの官房長官が、東京新聞の女性記者を名指しで非難し、新聞社に何度も圧力をかけている。
内閣府は、公益財団法人大相撲協会の「公益性」には沈黙し、尊厳死協会の活動が「公益」を害するとして最高裁まで争うようだ。日本の最高裁は、行政追随の人事が完成していて、「問題ない」。
辺野古では、抗議活動中のひとびとの顔写真、氏名、住所、職業の一覧表を、防衛省が作成している。
年末年始、辺野古で三線で謡っていた所ジョージも、ばっちり記録されているだろう。
自衛隊の公然、非公然の組織は、膨大な資料を日々蓄積している。
だからというわけだろうか、本読者の賢明なかたがたは、決して「一線」を超えたりしない。

「2.11」って、なに? 「3.1」って、なに? という時代だ。
歴史的になんの根拠もない「紀元節」。紅白饅頭も、提灯行列もなくなった。

「元号法案」が提出された40年前の2月、「国民主権の下では、元号はそもそも違憲、
あるいは憲法不適当(不適合)」(有倉遼吉早大教授)という意見もあったが、思い返す読者はいない。
「新元号、ネットで『安久』が有力」という。
「まさか『安倍晋三幾久しく』ではあるまい。『安』という文字がはいった『安和』は安和の変、
『弘安』は弘安の役、『安政』は安政の大獄。」(水島朝穂)。
略号としては、M、T、S、H、Aと続き、「問題ない」。
でも、アルファベットって、「日本的」「伝統的」でないですよ!

レオパレスも施工不正。政も、官も、財も、・・も。不正大国、不正天国!

Posted by 鍵山いさお at 2019年02月12日 10:57 | 返信

「〇〇の真実」はいくつもあって
マスコミが伝えても伝わらない真実もあって
というか私が読んでるのはWeb版だから
紙版やTVでは報道してないことが多いのだろう。

卑近な例「ジムの風呂での話」

咳ゴホゴホ喉ガラガラの私に
私より15歳くらい若いママさんが「風邪?」
私「この季節、風邪だか花粉だかわからないけど、これは多分風邪。」
若ママさん「インフルエンザじゃないの?」
私「かもしれないけど。医者行っても意味ないし。」
若ママさん「クスリ飲めば? 抗生物質。」
私「風邪やインフルに抗生物質は効かないよ」
若ママさん「ほんとに!!! じゃあなぜ抗生物質処方するの?」
私「(しまった、「真実を」言わなきゃよかった)。。。あ〜〜〜若い人には抗生剤出すのかもしれない・・・」
若ママさん「・・・」
お医者様のやることが絶対正しいと信じている人たちに真実を語れるほど、私は強くない。
テキトーなビジネスだけやってる医者がほとんどだ、なんて真実を、うっかりしゃべってはイケナイのだ。
明日から白い眼で見られるかも・・・

Posted by 匿名 at 2019年02月14日 12:37 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部