このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

前頭側頭型認知症にドネペジル?

2019年04月12日(金)

前頭即頭型認知症にドネペジルは禁忌である。
興奮がさらに激しくなり、大変なことになる。
しかし現実にはドネペジルが投与されている。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

前頭側頭型認知症は3秒見たら分かる。
それくらい、分かり易い認知症である。

しかし何ケ所の精神科を受診して、すべてアルツハイマー型と
誤診されて、しかも最高量のドネペジルが投与されている・・・

その結果、怒りっぽくなり、大変なことになる。

誤診と誤投与。

最近までNHKも、「怒りっぽくなることはとてもいいことなので
抗認知症薬は中止してはダメ」というエライ先生の弁を流していた。

抗認知症薬の副作用に悩む人は、現在でもたくさんいる。
かなり遠方からもその悩み相談で受診される。

そんななか、遅ればせながら厚労省から通達が出た。

「副作用がで出たら中止してもいい」という内容だ。→こちら


これまで認知症学会は「中止してはダメ」だったので
遅ればせながら、真反対に方向転換したことになる。


それにしても、なんという国なんだろう。

薬害認知症はまだまだ続いている。



PS)

講演のため、北海道に来ている。
少し寒いが、爽やかである。





















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

いずれにしても笑いが止まらないのは製薬会社とその支配下にある学会の指導者(名医?)でしょうね。
患者や介護者が困ろうが知ったこっちゃない。要は製薬会社さえ儲かればいい。ただそれだけのこと。
自分の家族を本当に守りたいのであれば、安易に抗認知症薬は飲ませない。ただそれだけのこと。

Posted by マッドネス at 2019年04月18日 10:04 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部