このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

夜間高校生の20年後

2019年04月16日(火)

今夜は、夜間高校の健康診断だった。
15才の背中から、20年後を夢想。
健康教育の重要性を、再認識した夜。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

嵐の外来が午前と午後が、2回あるが、忙しい。
大病院の誤診&誤投薬に苦しむ人に時間を割く。

大病院や専門病院で治らない人が全国から集まってくる。
それを勉強に来ている医者たちの前で、一挙に解決する。

できる時は、数秒でできる。
まるで魔法に感じるが解決。


それができた時は、本当にうれしい。
でも時間との壮絶な闘いの中での技術なので伝授しにくい。




今日は、こんな1日だった。


朝は、何件かの訪問診療と往診から始まる。
その後、ごった返す外来で悪戦苦闘の外来を12:50まで。
12:50~13:00は、20~30名の面会者との面会。
13:00~13:30は、講演。(看取りと死亡診断書)
13:30~14:00は、東京からのお客さま(勇美財団)
14:00~14:30は、往診2件
14:30~16:00は、大会社の産業医出務2件。会議と面談など
そのあと、あわただしく数件の訪問診療と往診だ。
今日は生後2ケ月目の赤ちゃんの家にも往診した。
息つく暇もなく夜の診察を終え19:30にクリニックを出て、
21:00まで夜間高校の検診をなんとか終えた。

まさに秒刻み。

しかもいつも1~2人を教えながら。
つまり1日中喋っているので疲れる。

朝も昼も食べる時間がない。
コンビニおにぎりだけ。



15才の背中を10数年間、診ているが、年々元気がない。
肥満、フレイルなどは、高校生で完成形になっている子も。

年々、高校生が元気がなく、ヘンに大人しいのが気になる。
彼らは、4年間の夜間高校のあと、どうやって生きていくのか・・・


夜間高校の教育は、日本の将来を考えてもとっても重要だ。
教師は2倍手厚く手厚く配置し、特に「健康」について教えないといけなない。

しかし現実はそうなっていない・・・・

ブツブツ言いながらクリニックに帰ると、職員と出会った。
近くの食堂で一緒に襲いご飯を食べ雑用を終えると23時。


ちなみに、10数年間の夜間高校での「いのちの授業」を
コープさんの雑誌が紹介してくれた。


第1回 子どもたちの将来を守る「いのちの授業」

  「15歳の背中が、私にいろんなことを教えてくれる」 →こちら


第2回 子どもたちの将来を守る「いのちの授業」

   あってはならない健康格差。

   「子どものうちから健康教育を!」   →こちら



誰もやらないなら、ワシがやる。
もちろん、すべてボランテイア。

夜間高校生の20年後を夢見ている。
その時は、もう私はこの世にいない。


次のいのちの授業は6月にやる。



PS)
今日は、勇美記念財団の理事長がクリニックに来られた。
財団は、来年創立20周年を迎えるそうである。

ただただ、感謝。
在宅医療が発展してきたのは、勇美さんのおかげだ。


JEC_5846c[1].jpg



 




2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部