このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

知りたいから、楽しいから、学会に行く

2019年06月14日(金)

医者が60を過ぎるとは、専門医を捨てるということ。
定められたハンコをもらいに行くだけの医学会はパス。
その一方で知りたいから、楽しいから行く学会もある。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


今日は、第19回日本抗加齢医学会総会に参加した。

専門医でもなんなんでもないが、毎年参加している。


朝から晩まで丸一日、知的好奇心を満たされた時、
ああこの道を選んで良かったなあ、といつも思う。

今日は医学会に1日全部費やしたが、それ以上の収穫があったよ。
普段疑問に思っていることを第一人者に直接質問できるチャンス。

そう、医学会はお勉強して、楽しむところ。
学びと笑いが無い学会には、足が向かない。

朝一番から、神奈川県の黒岩知事が講演された。
神奈川県は、なんと要介護認定率が低下中だと。

さまざまなアイデアを、実行に移しているのが凄い。
おひとり様や孤独死対策にも本気で取り組んでいる。

「来年5月23、24の神戸の学会に来て頂けませんか」
と言ったら、「兵庫県は私の故郷」と、微笑んで頂いた。

以下、私のメモ。


アンチエイジングのエビデンスを探そう!という
堀江重郎理事長の講演も、とても勉強になった。
 
 
 
アイスランドは国民の大半が自分の遺伝子情報を知っていると。
そんな先進国を例に出して、近未来の抗加齢医学を語られた。
 
日本人男性の3%は前立腺がんに3倍なりやすい。
そんな遺伝子も調べようと思えば、調べられる。

 寿命関連遺伝子データベースの構築が急がれる。

 
滋賀県が平均寿命が日本一なのは鮒寿司の効果かな?
岩手県や青森県が短いのも、遺伝子のせいないのか。
 
ゲノムシークエンスが10万円で分かる次代になった。
 現在、国民の10人に一人が遺伝子検査を行っている
 
ゲノムデータだけでその人の顔や声が予測できるようになった。
あるいはホルモンレベルも合わせると、かなり正確に予測可能。
 
たとえば、テストステロンが高いとおでこのひさしが高い。
予想の絵と実像はかなり似ていて、驚いた。

 テストステロンは冒険、社会性、競争に関係する性ホルモン。
8月には男性医療の研究会で、LOHの講演も依頼されている。

 
 
見た目が若い人は長生きするのはテロメアが長いから。
やはり見た目が大切。
 
細胞の老化で個体の老化が決まる。
がん細胞は、テロメアを維持する。

精子のテロメアは年を取ってもあまり短縮しないのは不思議。
 動脈硬化とテロメアも深く関与する。
 
短くさせない=テロメレースを増やす、ということ。
 そのためには、笑い、マインドフルネスが重要だ。

瞑想は、テロメレースを延ばす!!
マインドフルネス、でーす。
 
遺伝子素質にもとづく予防医療へ。
遺伝子別のアンチエイジングへ。
 
 
ジェネシスヘルスケア社との協働研究。
 何が加齢の指標なのか?を明確にする。
 
 
一方、
抗生剤の使用量が世界的に増えている。
 
先進国の子供も肥満が増えている理由は、抗生剤か?
先進国より遅れているだけで、同じ割合で増えている。
 
腸内細菌の変化が肥満の増加に関与している。
 
ピロリ菌が減り、胃がんが増えている。
一方、世界的に食道腺がんが増加傾向。
 
胃がんは減るが食道がんが増えている。
あっちをた立てれば、こっちが立たず、
 
ピロリを減らしたら、逆食、食道がんが増える。
 アメリカの若年女性の胃がんは増えている。
 
噴門部癌に関してはピロリが保護している
胃の幽門部癌と噴門部癌は、逆相関にある。
 
高齢者の大腸がんは減っているが
非高齢者のそれは増えている。
 
転換点は1950年ころ。
 
抗生剤をよく使った人の大腸ポリープは増えている。
腸内細菌叢の変化は、遅れて発現する。

抗生剤の使用は、母子感染のように遺伝する。
お母さんの抗生剤使用と子供の牛乳アレルギーは相関する。
 
ペニシリンは影響しにくいが、セファロスポリン系は影響する
生まれて初めて抗生剤に暴露する時期が有用。3年以内は危険。
 
子供のIBDも、増えている。
 抗生剤は認知症にも関与?
 
マイクロバイオームの喪失。
後進国でも下がっていると。
 
 生後2~3年は抗生剤の使用を控える。
医師が抗生剤のリスクに目覚めるべき。
 
 
6割の子供の尿に抗生剤が認められる。
これは食事や水から口に入ったのでは。
 
失われたマイクロバイオームを、回復させるのは難しい。
 帝王切開で生まれてもマイクロバイオームの回復は可能。
 
なぜ、世界で日本だけが肥満化しないのか。
マイクロバイオーターの多様性が守られた?
 
1950年頃までは、95%が自宅分娩だったそうだ。
今でも、日本の帝王切開率は欧米より低いのが幸い?
 
初乳は母乳で、という風習が日本にはまだある。
小さな要因の重なりが日本パラドックスを生じているのか。
 
「失われている我々の内なる細菌」を読んで欲しい。

懇親会は、武田双雲さんとさだまさしさんと豪華。
武田さんが、目の前で「百寿」、と書いてくれた。

さださんは、何曲か歌って場を盛り上げてくれた。
最後の「風に立つライオン」は映画を思い出した。


飲み足りないので、馬車道で、2軒ほどハシゴした。
ライブハウスで美しい歌声を聴いて、カラオケで一曲。

明日は、朝から夕方まで尊厳死協会の理事会や会議がある。
最終電車に揺られて東京に戻ると・・・そこは、雨だった。

皆様、雨に気をつけてください。
私は、朝一で傘を買うでしょう。












2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部