このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

午前3時の看取り往診

2019年06月25日(火)

なんてこった。昨夜のブログの最後の所。
「今夜は暇」と書いてアップした途端に、
「呼吸停止」という電話がかかってきた。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

昔から、当直で絶対言ってはいけないとされる言葉がある。

「今夜は暇やな・・・」


これを言った途端に、救急患者がバンバン運ばれてくる。
なぜだか分からないが、何度も不思議な経験をしてきた。

10年ちょい前に、「後遺症無く心肺蘇生に成功した」未公認ギネス記録(90分)
に遭遇した時も、直前にその一言を放ったばかりに、心肺蘇生に2時間もかかった。


昨夜、このブログに「今日は暇」みたいなことを書いたのが、午前1時9分。

その1分後の1時10分に、ノーマークだった施設から看取りの電話が入った。

「やっぱり。それにしても不思議やわ」と思いながら車を走らせ、午前2時に到着。

その施設には、地元の訪問看護ステーションの所長が先に到着していた。

施設の当直看護師と協力して、エンジェルケアをしていた。
私は家族にご説明して、死亡診断書を書いたら2時半過ぎ。

ステーションの所長の年齢を聞き、驚いた。
私よりいくつか年上だった。若く見えるが。

当直の看護師の年齢を聞き、もっと驚いた。
なんと80代後半だった。

私は2人の女性は同年代と思っていたが、なんのなんの。
一人は私の母親より年上、90に手が届こうとしていた。

もっと驚いたことに、その施設の当直者は全員が後期高齢者だという。
要は、午前2時、3時に喜々として働いているのは、超高齢者である。

以前、別の施設で看取りがあった時も3人のヘルパーが
全員80代であったことを、思い出した。

そういえば前に鹿児島に行った時、深夜の看取りは
90代の医師たちが交代でやっていたので、驚いた。

もはや在宅医療の夜間対応に、30~40代はいない。
深夜に働いているのは、たいてい還暦を超えた人達だ。

働いているから若いのか。
若いから働いているのか。

そんな雑談をしていた。
ご遺族も和やかだった。

そう、昨夜書いたように、現実もまさに「平穏死」であった。

帰路についたのは午前3時を回っていた。

もはや新聞配達所はフル稼働しているし
なんとなく夜明け前の匂いがして、焦る。

少しでも寝ておこうと寝床に入ったら、
午前6時にまた看取りの電話が鳴った。


暇どころか、一晩に2人の看取り・・・

「だから言わんこっちゃない」

大昔、病棟の主任さんに言われたその言葉が蘇った。






















2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

毎日ごくろうさまでございます

Posted by 尾崎友宏 at 2019年06月26日 02:45 | 返信

最近、知り合いに紹介されて、ケアマネジャーとして就職しようと申し込みました。
しばらくして「あなたはもう70歳過ぎでしょう?ずっと若い頃からケアマネジャーとして働いてたんなら70過ぎても働けるけど、70歳からは、お断りです。研修会に参加してるんだって?じゃあ研修会でお会いしましょうね!(笑)。」と言われました。
90歳の看護師さんも若い頃から働いていらっしゃったんでしょう。
90過ぎの産婦人科とか90過ぎの産婆さんとか地方で頑張っていらっしゃるドキュメントがありました。
高齢になると体力知力ともそれぞれに差が出るとはケアマネジャーの試験問題でした。
「おかれた場所で咲きなさい」とも渡辺修道女も仰っています。渡辺修道女は、5.15で、決起した若い兵隊に暗殺された政治家の渡辺大臣のご息女で、お父様の暗殺される様子を、倒した机の影から目撃されたお嬢様だそうです。
私も、整形外科でヒアルロン注射を膝に打って貰ったら、痛みが亡くなったのでボランティアをしたいなあと思います。でも腰の骨も変形してすべり症と言うか骨と骨の間が狭くなっているという事で、牽引してもらうとすっかり痛みが取れるのですけど、大工さんが修理に来て、重たいものをアッチにやったり、こっちにやったり、雨が降り続いた後、台風が九州上陸とのことで、大わらわで片づけたら、またしても腰痛が出てしまいました。父の胴長が原因の腰痛の遺伝なんで、どうしようもないです。気長に治します。牽引で治るのですから、友人の薦める「自力整体」でも習おうかなと思っています。

Posted by にゃんにゃん at 2019年06月26日 09:13 | 返信

長尾先生が、医療介護連携センターをしてくだされば、素晴らしいと思います。
できれば、10年かけて、センターを作った私を、センターにもどしてください。調査や皆さんのお考えをとりいれ、ケア会議や虐待やまも連携に繋ぎます。行政との連携もつなぎます。
今は、包括センターやケアマネ協会などゆおんぶしているとききました。尼崎を引っ張っていくセンターにしたいです。

Posted by 峯 通子 at 2019年06月30日 06:52 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部