このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

離島の小児医療

2019年07月28日(日)

鹿児島市で開催された離島医療談義に参加した。
第5回目のテーマは「離島の小児医療」だった。
小児在宅医療に従事しているので勉強になった。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

種子島医療センターの岩元先生
県立大島病院の今村真里先生
鹿児島大学の河野先生
元徳之島保健所の亀之園先生が講演。

 

 
医師・看護師だけでなく行政関係者も来られていた。
笹川保健財団の喜多会長も来られていて、ビックリ。

鹿児島県には26もの有人離島があり、
12は医師が居るが、14の無医離島と。

無医離島には近隣の島や鹿児島や沖縄から
循環診療や遠隔診療などで対応していると。

どの島も少子高齢化に悩まされているのは共通だった。
驚いたのは、どの離島も発達障害が多い事だった。

小児医療において、離島においても発達障害は必須科目だ。
日本中が超高齢化に加えて、子供と大人の発達障害だらけ。

なんと言っても離島のハンデイは、重症患者の移送手段だ。

・ドクターヘリ
・自衛隊ヘリ
・民間飛行機を活用するが、天候で飛べないこともある。

また小児科専門医の数が少なく大半は内科医や
総合診療医が対応しているのが現実のようだ。


小児科専門医と総合診療医の連携や情報共有が、今後の大きな課題。
そのなかで、後に診た医師が前医を批判しないことが離島でも大切。

オンライン診療ができても、オンライン処方ができない。
なぜならば、島に薬局がないと薬の現物がないのだ。

小児医療には外来と在宅があるが、外来がほとんどで、
私が診ているような医療的ケア児は離島にはいなかった。

ドクターコトーのモデルになった瀬戸上先生ともお話しした。
柔和な先生だった。

与論の先生、徳之島の先生、奄美の先生、種子島の先生、
五島の先生、上五島の先生、そして看護師さんや保健師。

みなさん熱い。
離島の小児医療の姿に、総合診療の原点を見た。

私も話すように言われたので、そんな想いを伝えた。
総合診療と離島医療、小児診療は非常に関係が深い。


私も、小児の在宅医療に関わっている。
呼吸器や胃ろうがついた子どもさんが常に何人かいる。

小児科の先生がた多忙だったり、管理できないとのことで依頼が舞い込む。
しかし本来は都会では、小児科の先生が関わったほうがいいのではないか。

そう思っていたら、小児科科医会から講演依頼が舞い込んだ。→こちら
阪神でも小児在宅医療の裾野を広げよう!、と話すつもりだ。

その時に、この離島医療談義もお話したい。

IMG_3029.jpgIMG_3031.jpgIMG_3033 (002).jpg


PS)
桜島の花火大会だった。
今週は花火に縁がある。

鹿児島の懇親会は何度参加しても、超熱い。
ワイワイガヤガヤで人の声が聴きとれない。






2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

長尾先生

ホント、奇遇でしたが、先生は、神出鬼没ですから、どこでご尊顔を拝してもびっくりではない。
私は、離島の在宅看護はどうかと思って、また、小児科に反応して参加させて頂きました。離島の皆さまが頑張っておられる様子、よく判りましたが、日本全土、人口減は進行していますね。どうすればよいのやら・・・
何はともあれ、お疲れ様でした。

Posted by 喜多悦子 at 2019年07月31日 11:04 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部