このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

核の傘の下の共犯者

2019年08月10日(土)

今日も早朝から終日、映画の撮影に張り付いていた。
劇場映画「痛くない死に方」は、クランクイン2日目。
撮影の合間に、73年前のあの日の空に想いを馳せた。


2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

映画撮影のロケバス集合は6時台と早い。
ロケ場所までの交通渋滞を避けるだめだ。

映画って、牛歩の歩みのように粘り強く造っていく物。
まだプレスリリースされてないので俳優名は書けない。

有名な女優さんと2日間一緒にいると勝手に親近感がわいてくる。
それにしても、映画って、これだけ沢山のスタッフで造るんだ。

なにもかもが初体験だ。
それも在宅医療の映画。

医療と似て完全なチームプレイだ。
チームワークが命、と思い知った。

ところで
今週は、広島、そして長崎の記念日。

あの日のことを扱うTV番組を観ながら
部屋で、あの日のことを想像している。


しかし、現実は、「核の下の共犯者」だ。
私自身も共犯者でることを、恥じている。

長崎市長は、今日、はっきり言ってくれた。
そう日本は、ハッキリ、ものを言うべきだ。

今日は、あの森友学園事件が「無罪」で終結した日。
公文書を改ざんした官僚が、お咎め無しになった日。

日本は核兵器廃絶国だ、と。


鹿屋と知覧から飛び立ち旅立った兵士にどんな顔を向けるのか、
台湾からも特攻隊が旅立ったことを日本人は忘れてはいけない。


映画の撮影が順調に進んでいるため日曜は休養日に。
わーい、やったあ。

土曜日の撮影が終了次第、帰阪して、日曜日の
障害者芸術団のコンサートに参加できることに。


8月11日、尼崎ピッコロシアター。
未来への輝きコンサート。→こちら

私は、名誉団長として「蛍」を歌う事を、今、決めた。
その前にしっかり「回診」をして、留守を詫びてから。

よろしければ、尼崎まで来てね。
でも歌ったらすぐに上京するが。

月曜日は、なんと午前6時集合だ。
来週は完全にお盆と台風と重なる。



IMG_3063.jpgIMG_3065.jpgIMG_3051.jpg





今日は、長崎原爆記念日ですね。
1945年8月9日、午前11時02分。人類史上、実戦で最後
の核兵器が落とされた日です。あえてそう書きます。いつまで
もこの日が最後であってほしいから。
 
人類史上、実戦で最初に核兵器が使用されあのが、その3日前。
1945年8月6日、午前8時15分。広島でした。
広島の原爆死没者は、31万4118人
長崎の原爆死没者は、18万2601人
先の大戦による日本人の死没者は、民間・軍人合わせて310
万人と言われています。世界全体でみると、4000万人とも
5000万人とも言われています。令和元年。時代が変わって
も、「戦前」ではなくいつまでも私は「戦後」と言いたい。
「戦後」という言葉が古いなんて、誰にも言わせたくないし、
言ってはいけない。「戦後」でなければ、またもや「戦前」に
なってしまうのか。310万人の戦火に消えた命に、どうどう
とそう言えるのか。310万人の怒りと悲しみを忘れずに。
 
「尊厳死」や「安楽死」の話をこうしてできるのも、今の日本
が平和だからである。死に方の話ができるのは、豊かな証拠だ。
先日、「存在のない子供たち」というレバノンの映画を観た。
数々の戦争、紛争によって住むところを奪われた大人たちが、
不法移民となってしまった人達が、出生届を出さずに子供を産
み育て、労働させる。出生届を出してしまったら子を奪われ、
強制送還されるのだ。つまり、(法的に)存在しない子供たち。
学校に行くことも、病院に行くことも、結婚することもできな
い子どもたち。そんな「存在しない子供」のまま12歳になった
主人公のセインは、あまりにも希望のない絶望の日々のなか、
ある日裁判を起こす──誰を訴えたのか? 両親を訴えたのだ。
裁判長は訊いた。「何の罪で?」。ゼインはすべて絶望した瞳
でこう答えた。「自分を生んだ罪がある」と。悪いのは、親で
はなく、この社会であるのはゼインだってわかっているはずだ。
それでも、それでも……誰を憎んでいいのかわからない、辛す
ぎる映画であった。しかしこれが今、中東で現実に起きている
ことなのである。この主人公を演じた少年ゼインの演技が本当
に素晴らしかった。なんとこの子はプロの俳優ではなく、実際
にストリートチルドレンだった子を監督が見つけてスカウトし
たと知り、その事実にしばし涙が止まらなかった。
「死に方は選べる」なんて、講演会などで私は偉そうに言って
いるけれど、とてもとても小さな世界の話。
本当は、人間なんて、何かを選んでいるつもりで何も選んでは
いないのではないか。
人間は、性別を選べない。生まれる時代も選べない。生まれる
国を選べない。親だって選べない。職業だって自由に選べる人
などごくわずか。いつ死ぬかも、何で死ぬかも、選べないのだ。
それが理。選べない死の中で、いかに本人も家族も「悔いのな
いもの」を選べるか。それを模索しているのが私の仕事でもある。
 
「存在のない子供たち」の12歳のゼインは、「自分を生んだ罪」
で両親を訴えたのだが、映画「痛くない死に方」のヒロイン・
トモミは「父親を苦しませた罪」で在宅医を訴えようとした…
生きている国で、苦悩の質も色合いも違ってくる。日本は平和
だ。だけど平和の中でそれぞれ苦悩を抱えている。生きづらさ、
 









2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

映画の題を「痛い在宅医」から、「痛くない死に方」に変えられたのですね。とても良かったと思います。「痛い在宅医」から、想像するのは、在宅医というものがひどいか、ひどい在宅医がいるかで、現在、在宅医に関係のない人にとっては、他人事で、興味があまりわかないと思います。「痛くない死に方」だと、多くの人は心のどこかで興味があるのではないでしょうか。

協賛金を払わせていただいたので、試写会に招かれることを楽しみにしています!!暑い中、大変でしょうが、頑張ってください。

Posted by 井上 at 2019年08月10日 08:54 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部