このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

「90歳を過ぎたら"死の規制緩和"を」山折哲雄氏

2019年09月11日(水)

90歳以上でも、極めて元気な人が結構おられる。
要支援であっても、まったくボケていない人も。
30年前には全く考えられなかった事態、である。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 

90歳以上の人への医療は、”自由””であるべきだ。

とことん医療を受けるのも自由だし、受けないのも自由。

男女とも平均寿命を全うしているのだから、”なんでもあり”。

ガチガチに構える必要は全くない。

しかし懸命に薬を飲んだり、好んで入院する人もおらえれる。
そんなひとを見るたびに、以下の言葉が浮かぶのは私だけか。

「人は自分が死なないと思うから生きられる」

終活に精を出す人と、まったく考えない人がいるが、
死んでから振り返ると、どれだけの差があるのか。

多くの死を見ていて思うことは、
死んだら終わり、生きていることは奇跡。


医療はともかく、介護はそうはいかないかもしれない。
寝たきりになっても、介護保険をも拒否する人がいる。


先日、「家で亡くなっている」と家族から呼ばれて慌てて駆けつけた。
時々、外来に来る位で、医療保険も介護保険もほぼ使っていないよう。


死んでいた。

家族曰く、2日ほど食べず、2時間前には唸っていたと。

まだ温かいので、息絶えてからまだ時間が経っていない。
外傷はないし、虐待や殺人ではなく、自然死であると確信。

しかし「念のため、警察に電話しておこうかな」と思った。

家族に聞いた。

「どうして119番せずに、クリニックに電話してきたの?」

するとこう返ってきた。

「覚書があったので」

隣の部屋に分厚い遺書のようなものがあった。
リビングウイルや献体などが、書かれていた。

「もし私が死んだら、長尾クリニックに電話すること」
と丁寧な字で書かれていたので、驚くとともに感激した。

思わず、「大往生」と書いてあげたい気がしたが、
死因は、「心不全」と書いて、家族としばらく雑談。

故人の意思は「葬式など無しで、すぐに献体に電話を」。
ある大学病院の解剖学教室の電話番号が書かれていた。

この人に、葬儀屋さんはコミットしない。
なぜなら、火葬しない、からだ。

半年先に医学生の解剖実習でバラバラにされるまで
ホルマリンに漬けられるだけなので火葬場は無関係。

というわけで
「90歳を過ぎたら"死の規制緩和"を」山折哲雄氏
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190901-00010002-wedge-soci

2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

凄いですね。駆けつけたら、亡くなっていた高齢男性の方の話。
じわじわと感動しました。大袈裟な事を書いているわけでなく、
「長尾クリニックに電話すること。」と明快な覚書き。
本当に「大往生」な姿勢でいらしたと..完結なさったと、
潔さに心を打たれました。
その方の年代では、公的な支援を他人事と捉えている方もありますね。
「人様の世話になるようではおしまい」と腹をくくっていらっしゃる方が。
もう少なくなってきましたけど。
いつの頃からなのか、「使わにゃ損々!」そんな時勢になってしまったのか。

Posted by もも at 2019年09月12日 11:04 | 返信

ももさんのコメントへのコメント

「人様の世話になるようではおしまい」
私もそう思っています。

亡き祖母も父も母も、同様でした、が、家族としての私の立場を思いやって、「人様の世話になって」最期まで生きてくれました。自裁やら自殺やら(安楽死も含む?)を為すと、日本の世間様は本人の残された家族を責めるからです。

もちろん、祖母も父母も人工栄養などの管なし最期でしたが、それでも「人様の世話にならない」希望は叶えられなかった。

私は、立場を思いやるべき私の家族はいないので、人様の世話になる前に、死にます。
自分で着替えることができなくなり
自分で立ち上がることができなくなり
自分で寝返り打てなくなり
自分で箸やスプーンを持てなくなり
自分で排泄できなくなり
生存するためのすべての行為をなすために、常に人様の世話になる、
それでもなおかつ生きていたい、と、心底願っている人は、ほんとうはとても少ないと思いますが、いかがでしょうか?

Posted by 匿名 at 2019年09月15日 02:20 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部