このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

ドクター和のニッポン臨終図巻 第80~99回

2019年10月07日(月)

毎週、何人かの訃報が飛び込んでくる。
その人の生き方と逝き方を「夕刊フジ」
に連載しているが、少し紹介したい。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


<80~99> ドクター和のニッポン臨終図巻 夕刊フジ  毎週金曜連載
 
(80)国会議員 園田博之 『水俣病患者の救済に尽力』
http://www.drnagao.com/img/rinnsyou20181117.pdf
 
(81)ジャズピアニスト 佐山雅弘 『自分は自分が出会った人でできている』感謝の遺言
http://www.drnagao.com/img/fuji20181124.pdf
 
(82)歌手 成田 賢 『病の辛さ隠し生涯現役』
http://www.drnagao.com/img/fuji20181201.pdf
 
(83)コラムニスト 勝谷 誠彦 『死ぬなんて馬鹿だ』
http://www.drnagao.com/img/media/yukanfuji/fuji20181201.pdf
 
(84)女優 赤木 春恵 『死を受け入れる準備』
http://www.drnagao.com/img/fuji20181215.pdf
 
(85)日本対がん協会前理事 関原健夫 『がんになっても仕事を諦めない』
http://www.drnagao.com/img/fuji20181222.pdf
 
(86)平成に逝ったスターたち-非がん編

(87)平成に逝ったスターたち-がん編 
http://www.drnagao.com/img/20190105fuji1.pdf
 
(88)ユーチューバ― エイジ 『水難事故の恐ろしさ』
http://www.drnagao.com/img/fuji20190112.pdf
 
(89)旅行ジャーナリスト 兼高かおる 『尊厳に満ちた孤高の死』

 
(90)女優 市原悦子 『最後まで声には力が宿っていた』
http://www.drnagao.com/img/media/yukanfuji/yukanfuji20190125.pdf
 
(91)哲学者 梅原猛 『忍耐、勇気、創造の人生をまっとう』
http://www.drnagao.com/img/fuji0202.pdf
 
(92)小説家 橋本治 『一流だから書けた病のリアリティ』
http://www.drnagao.com/img/fuji0209.pdf
 
(93)作家 堺屋太一 『この国の延命に捧げた命』
http://www.drnagao.com/img/fuji20190215.pdf
 
(94)噂の真相 岡留安則 「花」を聴いて涙した最期
http://www.drnagao.com/img/fuji20190223.pdf
 
(95)日本文学研究者 ドナルド・キーン 東日本大震災で心に決めた「日本国籍取得」
http://www.drnagao.com/img/media/yukanfuji/20190309fuji.pdf
 
(96)落語家 笑福亭松之助 「楽悟家だった人生」
http://www.drnagao.com/img/20190309fuji.pdf
 
(97)歌手 森山加代子 「平穏死と満足死」
http://www.drnagao.com/img/fuji-201906.pdf
 
(98)ロック歌手、映画俳優 内田裕也 「最期まで好きなものを食べ究極のロックンロール人生」
http://www.drnagao.com/img/fuji0323.pdf
 
(99)評論家 吉沢 久子 老衰で旅立った「人生延長戦の達人」
http://www.drnagao.com/img/fuji20190330.pdf
 
http://www.drnagao.com/img/fuji20190119.pdf




2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

この記事へのコメント

.....ジャズピアニスト 佐山雅弘 『自分は自分が出会った人でできている』感謝の遺言.....
『自分は自分が出会った人でできている』このフレーズに惹かれ、オフィシャルHPを開きました。
お亡くなりになる2,3年前の動画もアップされていましたが、容貌からは既に罹患していらした感じの
御様子でした。それでも笑顔でいらして、芸術を表現していらっしゃって、温厚なお人柄を彷彿とさせる画像メッセージでした。
自分は出会った人でできている=人は一人では生きていけない と意味を同じくするのでしょうか。
「人は一人では生きていけない」と他人に言われれば、「いや、そんなことはない!!」と思う人が
居ると思うし、現代の風潮にしてみれば、「そんな筈はない。一人だって立派に...」と心して
生きる人が多い時代なのかも知れません。私も、どちらかと言えば「そんな筈はない」寄りな思いを
持っていた時期があったことは否めません。けれど最近は、「一人でも」と言い切る自信はなくなり
ました。お陰様で、まだ「寂しい!」と浸る境地には至っていませんが、
「自分は出会った人でできている」という境地に大いに同調します。
思い起こせば、こんな時期には「あの人が居た」。あの時に、ふと「こう言って下さった師の言葉。」
であるとか..。人の出会いによって人生観が変わることがあると思うし、それは人生をも変える力が
あるのかも知れません。
これからだって、まだまだ、生きている限りは「新たな出会い」が待ち受けているのです。
人によってエネルギーを得て、また日々を過ごす。そして自分もまたエネルギーを与えうる人間に
なることができたなら、それもまた生き甲斐というものです。

Posted by もも at 2019年10月10日 12:11 | 返信

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部