このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com

湿布の保険外しと病院再編

2019年10月04日(金)

全国424の公立病院が名指しで「再編の対象」と公表された。
医療界は、まるで蜂の巣をつついたように大騒ぎになっている。
99%の医療関係者と市民は病床削減や湿布外しに反対やろな。
2つの応援
クリックお願いします!
   →   人気ブログランキングへ    →   にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
 
 


医療タイムス2019年10月号  湿布の保険外しと病院再編
 
 社会保障改革が年々、現実となっている。国家予算のひっ迫からすれば当然だろう。しかし二木立先生によると日本の医療費は対GDP比では7%台と先進国中最低レベルであるという。ちなみに本来は国民一人当たりの対GDP比で比較しないといけないそうだが。そこに花粉症薬と湿布が保険適応から外されるというニュースが流れてきた。それを聞いて「このご時世だから仕方がないのでは」と思った。さっそく読売テレビの「そこまで言って委員会」というトーク番組に私はこのニュースの解説者として呼ばれた。なんと8人のパネラー全員が「保険外しは当然」と珍しく意見が一致した。しかし、保険外しに怒っている開業医も少なくないだろう。しかし、そこは「かかりつけ医機能」をしっかり発揮することで、花粉症薬や湿布の保険外しによる減収は置き換えられるはずである。開業医の仕事は薬剤の処方から相談業務に、そして在宅医療を中心とした地域包括ケア支援事業へと徐々に移行していくはずだ。

 一方、9月26日、厚労省は、「再編が必要」と判定した全国424の公立・公的病院名を実名で公表した。これまで努力義務と言われてきた地域医療構想が、ついに20年9月という期限つきの義務に変わった。この発表に関してもメデイアから意見を求められた。もしかしたら「けしからん」という意見を期待したのだろうか。多くの地域住民や病院関係者や地方議員は反対運動を始めるのだろう。たしかに我が町から老舗病院が消えるのは心細いと受け止めるのが人情だろう。機械的ではない地域の実情に応じた検討が必要だ。私は「長期的に見ればこれも時代の流れで仕方がないのでは」と答えた。少子高齢化と多死社会の進行に加えて人口減少とくれば、国家を運営する立場からすればやむを得ないまさに苦渋の判断ではないのか。病床数は削減の方向に向かわざるを得ないのではないか。一方、介護医療院への期待があらためて膨らんだ。同時に「地域包括ケアスステムの構築」という国家スローガンにも新しいプレシャーがかかったとも受け止めた。

 というのも開業医が提供する在宅医療は国が願うほどには増えていないからだ。誤解を恐れずに言うなら、増えているのは主に地域包括ケアとは無縁の営利目的の在宅医療ビジネスのほうである。これは現時点では必要悪と容認されているようだが、長い目でみれば淘汰される方向に変わるだろう。病院再編という荒波で開いた穴を埋めるのはかかりつけ医による地域包括ケアしかないからである。それに参画しない開業医は先細りになるのは仕方がない。ちなみにこうした厚労省の大きな方向性はこの20年間、まったくブレていないことにたいへん驚かされる。

 湿布薬の保険外しと病院再編は決して無関係ではない。風が吹けば桶屋がではないが、大局的に見れば両者は確実に関係している。ある意味、2つの改革は2040年に向けてのファーストステップと受け止めるべきだろう。まずは開業医の「かかりつけ医機能」の強化が急がれる。先日、私も一日缶詰めになりかかりつけ医研修を受講したがいい勉強をさせて頂いた。日本医師会が魅力的な講師を揃えて本気で研修事業に取り組めば総合診療や地域包括ケアは必ず加速する。今回の病院再編でベッド数が減る地域こそ、時代を先取りする方策を練って欲しい。そのほうが理にかなう。以上は勝手な私見であるが、日本医師会のコメントを待ちたい。
 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


午前3時、
今、看取りから帰り着いたところ。

家族の笑顔が生きる糧。

毎日のようにお看取りがある。
老体にムチ打って働いている。

いつ死ぬのか ばかり考えている。
自分自身の死、についてである。

なるようにしかならない。
そう思いながらの、その日暮らし。

明日の午後は、九州で日帰りで講演。→こちら
ミスター人生会議の木澤先生とのダブル講演。

せっかくだから、人生会議をラップで表現するつもり。
3分間のラップ(曲名は猫も杓子もACP)を今日、作る。



PS)
このブログ、元気がある限り続けます。
10年以上になるので、天寿が近いかも。

思わぬ人から「読んでるよ」と言われると嬉しい。
生きている証、だと思いながら、続けているよん。

読んでくださっているみなさまへ。
2つ、クリックしてみてください!













2つのランキングに参加しています。両方クリックお願い致します。皆様の応援が日々ブログを書く原動力になっています。

お一人、一日一票有効です。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックお願い致します!

(ブログランキング)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ ← こちらもぜひ応援クリックお願い致します!

(日本ブログ村)

※本ブログは転載・引用を固くお断りいたします。

コメントする

                                               

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

このたびURLを下記に変更しました。
お気に入り等に登録されている方は、新URLへの変更をお願いします。
新URL http://blog.drnagao.com


過去の日記一覧

糖尿病と膵臓がん

病気の9割は歩くだけで治るPART2

男の孤独死

痛い在宅医

歩き方で人生が変わる

薬のやめどき

痛くない死に方

医者通いせずに90歳まで元気で生きる人の7つの習慣

認知症は歩くだけで良くなる

がんは人生を二度生きられる

親の老いを受け入れる

認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?

病気の9割は歩くだけで治る!

その医者のかかり方は損です

長尾先生、近藤誠理論のどこが間違っているのですか

家族よ、ボケと闘うな!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

抗がん剤 10の「やめどき」

「平穏死」10の条件

胃ろうという選択、しない選択

  • 長尾クリニック
  • Dr.和と一緒に仕事をしませんか?
  • 長尾クリニックメールマガジン まだまだ知らないDr.和情報がてんこもり!
  • にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

  • 尼崎市の訪問看護ステーション

  • ケアマネセンターながお

  • 一般社団法人日本尊厳死協会関西支部